ボタニカルライフ

観葉植物はもらったらどの場所に置く?飾り方の注意点とは

開店祝いや新築祝い、結婚祝いなどにもよく選ばれる観葉植物。実際にもらったら、おしゃれで癒したっぷりだからこそとても嬉しいですよね。家の中やオフィスの中にしっかり飾って、グリーンを楽しみたいものです。

ですが飾り方や置く場所などを間違えてしまうと、長持ちしやすい観葉植物でもすぐにだめになってしまいます。せっかくもらったのですから、その綺麗な見た目は長く楽しみたいですよね。

そこで今回は、観葉植物の飾り方や置く場所を解説しつつ、長持ちさせるためのお手入れのポイントを解説していきたいと思います。これから観葉植物を友達や仕事関係の人に贈る予定の人も、贈るべきかチェックする意味でも、ぜひ参考にしてみてください。

観葉植物の飾り方・置き場所の選び方のポイント

観葉植物はどのような場所に置くのが良いのでしょうか。まずは基本となるポイントを知っておきましょう。

観葉植物は光を好む

一般的に、観葉植物は光を好んで成長します。そのため観葉植物をもらったときは、窓際や部屋の中の明るい場所に飾っておくのがベストです。

ちなみに直接日光が当たらなくても、多くの観葉植物は人工的な照明がある程度当たっていれば育ちます。そのため明るいところに置く、このポイントをまずは忘れないようにしましょう。

長時間直射日光が当たる場所は避けておこう

観葉植物は光を好んで成長する植物ですが、直射日光はむしろ避けるようにしてください。自然な日光が当たる日陰を置き場所に選ぶのがちょうど良いでしょう。窓際に飾るときも、時間帯によっては長い間直射日光が当たってしまうことがあります。あまりにも長い間直射日光が当たるようなら、むしろ窓際は避けた方が良いかもしれません。

ちなみに直接日光がNGなのは、葉が焼けてしまうからです。せっかくのきれいなグリーンも台無しになってしまうので、直射日光には注意してください。

耐陰性のある観葉植物は日当たりの悪い場所でもOK

トイレや廊下などの日当たりの悪い場所に観葉植物を飾りたいときは、基本的に耐陰性の強いものを選ぶと良いでしょう。フィカス・プミラやアルテシマなどは、観葉植物の中でも比較的耐陰性が強いことで知られています。

ただ、耐陰性のある観葉植物でも、暗い場所にずっと飾っておくとさすがに成長しづらくなってしまいます。時折明るいところの窓際に持っていき、日光浴させてあげると、より長持ちしやすくなります。

置く場所の温度も大事

観葉植物の飾り方、場所の選び方で重要なポイントとなるのは、温度です。観葉植物は20℃前後の気温が一番育ちやすいため、春~秋の成長期は特にこの温度を常に保つようにしていきたいところです。

冬は、なるべく10℃を下回らないように注意しましょう。観葉植物は、全般的に極端な寒さに弱い傾向があります。ちなみに寒い空気は下に溜まりやすいため、冬場は高い位置に観葉植物を置いておくと、寒さによる傷みを防ぐことができることがあります。

エアコンの風が当たらないように注意する

観葉植物を飾る際にエアコンなどで温度管理するときは、エアコンの風が観葉植物に直接当たらないように注意を払いましょう。扇風機の風などもあまり好ましくありません。

そのため観葉植物の飾り方のポイントとしては、エアコンの真下や真正面などは避けるべきです。自然光、自然の風が当たる場所を意識していきましょう。

見た目や大きさの存在感を確かめよう

観葉植物を飾るうえで大事なのは、見た目の存在感や大きさです。大きさのあるものや見た目に存在感のあるものは、リビングや玄関、オフィスであればエントランスや会議室などに飾るのが望ましいでしょう。

小さな観葉植物は、広々とした場所では目立たず埋もれてしまうため、トイレや洗面所、出窓などが置き場所としておすすめです。観葉植物をもらったら、まずはどのような場所に置くのがふさわしいのか考えてみましょう。

観葉植物のおしゃれな飾り方・場所の例を紹介

せっかく観葉植物を飾るなら、おしゃれに飾ってインテリアを楽しみたいですね。おしゃれな飾り方やおすすめの場所の例を見ておきましょう。

家具と家具の間の空きスペースを埋める

観葉植物は、空いているスペースを埋めるのにはぴったりなインテリアアイテムの一つです。

家具の配置の兼ね合いで、どうしても隙間が生まれてしまう場所ってありますよね。「ここだけスペースが空いていてモヤモヤする…」と思ったら、空きスペースを観葉植物で埋めてみませんか。空きスペースが埋まる、グリーンが入ることでおしゃれ度が上がる、まさに一石二鳥です

背が高く存在感のある観葉植物は部屋を広く見せる

実は、背が高く存在感のある観葉植物は、部屋全体を広く見せてくれる効果があると言われています。天井が高く見える効果があるため、同時に部屋全体が広々としているように見えるのでしょう。

部屋が広く見えるようになれば、開放感が生まれ、室内で過ごすときのリラックス効果もアップします。

家具の色が統一されていると観葉植物は良いアクセントに

観葉植物は、色がある程度統一されている部屋の中では非常に映えます。どの場所に置いてもグリーンが良いアクセントになるため、おしゃれ度はさらに増すと言って良いでしょう。

白統一の部屋やモノトーンでまとめた部屋などで何か物足りない…と思ったときは、観葉植物を飾ってみると良いかもしれません。

観葉植物を仕切りとして活用するのも面白い飾り方

リビングダイニングや広いオフィスフロアでは、観葉植物を仕切り代わりに活用するといった飾り方もあります。

例えば家の場合、来客があった際には、生活感のあるダイニングスペースの方はあまり見られたくないですよね。そんなとき例えば、ダイニングテーブルのすぐ横の場所に観葉植物を飾っておくと、それが自然と仕切りのような役目を果たしてくれます。観葉植物のおかげで自然と向こう側がシャットアウトされるのです。

広いオフィスフロアの場合、業務スペースとミーティングスペースなどが同じフロア内にあることはよくあります。そんなときも間に観葉植物を一つ置いておけば、ほどよく自然に仕切りの役目を果たしてくれます。

無機質なパソコンデスク周りに飾ると良い癒し効果に

パソコンデスク周りは、無機質な印象になりやすいものです。そのため小さな観葉植物をパソコンの横に飾っておくと、良い癒し効果になります。

周辺機器やコード類などで冷たい印象のあったデスク周りに温かみが生まれ、グリーンによる癒し効果で業務もはかどるでしょう。

観葉植物は殺風景な空間をおしゃれに見せる救世主に

広いデスクと椅子、ホワイトボードのみが置かれている殺風景な会議室などには、インテリアとして観葉植物が非常におすすめです。

観葉植物を飾るだけで一気におしゃれな雰囲気が加わるため、まさにインテリアに困ったときの救世主といったところ。その他トイレや洗面所、エントランスなど、殺風景になりやすい場所は、ある程度どこでも観葉植物は映えやすいです。

まとめ

観葉植物をお祝いなどでもらった際には、置き場所や飾り方の基本的なポイントをぜひしっかり押さえておきましょう。明るさや温度管理などは特に大事な点になります。また、せっかくならおしゃれに飾れるのが一番ですし、飾り方のコツやおしゃれに見せる方法なども参考にしたいところです。

HanaPrimeでは、インテリアにぴったりの観葉植物を数多く取り扱っています。観葉植物はプレゼント・ギフトとしても選ばれやすいため、ご自宅用のみならずお祝い用に購入したい方にももちろんおすすめです。大型の観葉植物も、農家から直接買い付けているため、比較的リーズナブルな価格でご提供することが可能です。お気に入りの観葉植物を見つけて、ご自宅用もしくはギフト用に、ぜひご活用ください。

観葉植物 幸福の木 ドラセナ マッサンゲアナ
観葉植物 幸福の木 ドラセナ マッサンゲアナ

♦全国お届け可能 ♦サイズ:100㎝前後 ♦樹形や作り方 ノーマル

観葉植物 ドラセナ マッサンゲアナをお祝いやプレゼント用に無料の立て札・メッセージカードをつけて全国に送料無料でお届けします。インテリアや風水にも注目されている観葉植物を、プレゼント、ご自宅用などの用途に合わせてお選びください。

詳しく見る

HanaPrime公式サイト】【HanaPrime公式Instagram

-ボタニカルライフ
-,

© 2022 HanaPrimeマガジン