アルストロメリアの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

アルストロメリアの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

アルストロメリアの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 幸せ(幸福)
  • 友情
  • 持続
  • 知性
  • 冷静
  • 未来への憧れ
  • エキゾチック
  • 凛々しさ
  • 気配り
  • 幸運の訪れ

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

アルストロメリアの花言葉は「持続」「未来への憧れ」「エキゾチック」

アルストロメリアの花言葉は「持続」「未来への憧れ」「エキゾチック」です。

アルストロメリアは鮮やかな色合いとユニークな形状が特徴で、さまざまなシーンでのプレゼントに適しています。

恋人との記念日や結婚記念日など大切な節目には「持続」という花言葉が2人の関係を象徴する素敵なメッセージになります。

花持ちも良いので、お祝い事などちょっとしたプレゼントにもおすすめです。

花束の通販

アルストロメリアの花言葉は色によって違うの?

アルストロメリア全体には「持続」「未来への憧れ」「エキゾチック」という花言葉がありますが、色ごとに特有の意味が込められています

花の色花言葉
幸い
凛々しさ
ピンク気配り
未来への憧れ、幸運の訪れ
オレンジ友情
知性、冷静

アルストロメリアの怖い花言葉

アルストロメリアには「小悪魔的な思い」や「援助」といった、少し怖いと感じられる花言葉も存在します。

「小悪魔的な思い」は、”一見かわいらしいのに恐ろしい一面も持つ女性”を連想させる花言葉です。

受け取る人がどのように解釈するかによって、異なる印象を与えるでしょう。

また、「援助」という花言葉も、状況によっては複雑な感情を引き起こす可能性があります。

そのためアルストロメリアをプレゼントする際は、花言葉に込めた思いをしっかり説明すると良いでしょう。

アルストロメリアの花言葉の由来

「持続」「未来への憧れ」「エキゾチック」という花言葉は、アルストロメリアの魅力的な特徴から生まれました。

「持続」という花言葉は、アルストロメリアの長持ちする花持ちの良さに由来します。

一度咲くと5日〜14日と長い期間美しさを保つため、持続性を象徴する言葉が選ばれました。

「未来への憧れ」は、茎が真っすぐに伸び、花が天を仰ぐように咲くため、前向きで希望に満ちた姿に感じられることが由来しています。

「エキゾチック」という花言葉は、アルストロメリアの魅力的な外見が由来です。

南米原産のアルストロメリアは、独特な形状と鮮やかな色彩で、遠く離れた異国の情緒を感じさせます。

アルストロメリアの花言葉に似ている花は?

アルストロメリアの花言葉に似ている花を紹介します。

「持続」という花言葉に似ている花

「未来への憧れ」という花言葉に似ている花

 アルストロメリアの花言葉と真逆の意味の花

アルストロメリアの花言葉と真逆の意味を持つ花を紹介します。

「持続」という花言葉と真逆の意味の花

  • 「はかなさ」シモツケ
  • 「儚い夢」アネモネ
  • 「薄れゆく希望」アドニス

「未来への憧れ」という花言葉と真逆の意味の花

  • 「永遠の悲しみ」アンモビウム
  • 「悲しき思い出」フクジュソウ
  • 「青春のはじまりと悲しみ」プリムラ

【英語版】アルストロメリアの花言葉

アルストロメリアの英語版の花言葉は「友情(friendship)」と「献身的な愛(devotion)」です。

「友情」という花言葉は、アルストロメリアの明るく元気な姿が由来です。

一方「献身的な愛」という花言葉は、アルストロメリアの長持ちする美しさと、愛情の深さや支え合う関係を表しています。

恋愛・家族の絆・深い友情など、変わらない愛を象徴するのにぴったりです。

花束の通販

アルストロメリアは誕生花の花なの?

アルストロメリアは4月18日の誕生花ですが、他にも1月30日2月18日3月13日、3月25日、6月25日8月1日、8月9日と、年間を通じて複数の日の誕生花とされています。

アルストロメリアの名前の由来

アルストロメリアの属名「Alstroemeria」は、18世紀にスウェーデンの植物学者、カール・フォン・リンネによって名付けられました

リンネは南米を旅行中にこの花の種を採取し、彼の親友であるスウェーデンの男爵、ヨーナス・アルステーマの名前を取って、この花に名前を付けたそうです。

英名の由来

アルストロメリアの英名「Peruvian Lily」や「Lily of the Incas」は、原産地と特徴的な花の形状に由来しています。

「Peruvian Lily」は南アメリカ、特にペルーを中心に自生するアルストロメリアの故郷を反映するもので「ペルーの百合」という意味です。

「Lily of the Incas」は、「インカの百合」という意味で、その百合に似た美しい花形と、インカ帝国が栄えた地域に自生していることから名付けられました。

和名の由来

アルストロメリアの和名「ユリズイセン」は、花の形状と生態から名付けられました。

この名前は、アルストロメリアが属するユリズイセン科に由来していて、その花が百合(ユリ)に似ていることと、花の形が水仙(スイセン)にも似た特徴を持っていることを表しています。

また「インカの百合」や「夢百合草(ユメユリソウ)」という別名もあります。

正式な学名

アルストロメリアの正式な学名は「Alstroemeria」です。

この学名には発見者のリンネの親友アルストレーマーとの友情への思いが込められています。

アルストロメリアってどんな花?

原産国南アメリカ(チリ・ペルー)
科・属ユリズイセン科 / ユリズイセン属
タイプ球根植物
花のサイズ5~8㎝
香り爽やかな甘い香り
草丈30~100cm
開花時期一季咲きは5~6月、四季咲きは5~11月
旬の季節春~夏
花持ち日数5日~14日
出回り時期一年中出回っているが、特に多いのは3~5月

アルストロメリアは、南アメリカのチリやペルー原産のユリズイセン科の球根植物です。

原産地では約100種が自生していて、種類によっては高地から低地、乾燥地から湿地と様々な環境に適応しています。

ユリに似た花姿と花びらに入る斑点模様が特徴で、花色はピンク・白・黄・オレンジ・赤などカラーバリエーションが豊富です。

1本の茎に複数の花をつけるスプレー咲きという咲き方で、葉はつけ根でねじれていて、裏面が表を向きます。

アルストロメリアには一季咲きと四季咲きの品種があり、一季咲きは5〜6月に咲き、四季咲きは5〜11月の間咲き続けます。

暑さ寒さにやや弱いものが多いですが、環境が合えば放っておいても花を咲かせ、どんどん増えていくのが特徴です。

アルストロメリアの風水

アルストロメリアは、風水において運気アップに役立つとされています。

6枚の花びらにはそれぞれ異なる意味が込められていて、それぞれが理解・ユーモア・忍耐・共感・献身・敬意を象徴しています。

また、ねじれた葉は結合・安定性・困難を克服する力の象徴です。

またピンクのアルストロメリアは恋愛運をアップさせるのに適していて、新しいご縁を期待する際はオレンジ色を飾ると良いでしょう。

また金運をアップさせたい場合は、黄色のアルストロメリアを飾るのがおすすめです。

アルストロメリアの飾り方

アルストロメリアは華やかな色合いと斑点模様が特徴の花で、切り花としても人気があります。

1本に何輪もの花がついていて、小さめのユリのような雰囲気を持っています。

飾り方については特に注意が必要な点は少なく、手のかからない切花です。

水はけも良く、茎も腐りにくいため、水替えを少しサボっても元気に咲き続けます。

花が終わるときにはバラバラと散るので、終わりかけの花を早めにカットすると良いでしょう。

二番花まで長く楽しめる

アルストロメリアは日持ちがする花の一つで、咲いている花の横にはセットでつぼみがついていて、これが二番花となります。

最初の花が色あせてきたら、一番花を切り落とし、二番花が咲くのを楽しみましょう。

1本だけでも華やかに飾ることができますが、他の花と組み合わせるのもおすすめです。

ユリバラと合わせて賑やかなアレンジメントを作るのも良いでしょう。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES