ジャーマンカモミールの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

ジャーマンカモミールの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

ジャーマンカモミールの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 苦難に耐える
  • 逆境に負けない強さ
  • 仲直り

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

ジャーマンカモミールの花言葉は「苦難に耐える」「逆境に負けない強さ」「仲直り」

ジャーマンカモミールの花言葉は「苦難に耐える」「逆境に負けない強さ」「仲直り」

りんごのような香りの白い花を咲かせるジャーマンカモミールには、以下の花言葉があります。

  • 苦難に耐える
  • 逆境に負けない強さ
  • 仲直り

「苦難に耐える」「逆境に負けない強さ」の花言葉どおり、ジャーマンカモミールは強い生命力を誇るハーブです。

また、「仲直り」の花言葉どおり、「ごめんなさい」の意味を込めた贈り物としても人気があります。

ドイツでは、民間薬として古くから利用されてきました。

日本では、気分を落ち着かせたり痛みを和らげたりと、心身をリラックスさせてくれるハーブとして現代でも重宝されています。

花束の通販

ジャーマンカモミールの花言葉は色によって違うの?

ジャーマンカモミールの花は白色しかないため、色による花言葉の違いはありません

ジャーマンカモミールの花言葉の由来

ジャーマンカモミールの花言葉である「苦難に耐える」や「逆境に負けない強さ」は、とても丈夫な花であることと、踏まれても元気に育つ特長が由来です。

花言葉の「仲直り」は、謝りたいときの贈り物として利用されてきたことからつけられました。

仲違いしてしまった相手に贈ることで、早く仲直りできるといわれています。

ジャーマンカモミールの花言葉に似ている花は?

ジャーマンカモミールの花言葉に似ている花を紹介します。

「苦難に耐える」という花言葉に似ている花

「逆境に負けない強さ」という花言葉に似ている花

  • 「強い精神力」ムクゲ、スイートフェンネル
  • 「負けない」フロリスタン
  • 「困難に負けない」ツワブキ

「仲直り」という花言葉に似ている花

ジャーマンカモミールの花言葉と真逆の意味の花

ジャーマンカモミールの花言葉と真逆の意味を持つ花は、次のとおりです。

「苦難に耐える」と真逆の意味を持つ花

「逆境に負けない強さ」と真逆の意味を持つ花

  • 「無気力」アツミゲシ
  • 「いくじなし」オジギソウ
  • 「助けて」チグリジア

「仲直り」と真逆の意味を持つ花

  • 「失恋」マツムシソウ
  • 「悲しい別れ」ハナニラ
  • 「さようなら」シオン

【英語版】ジャーマンカモミールの花言葉

英語版のジャーマンカモミールには、以下の花言葉があります。

  • patience in adversity(苦難に耐える)
  • energy in adversity(逆境の中で生まれる力)

これらは日本語版の花言葉と同じく、ジャーマンカモミールが踏まれてもすくすく育つことからつけられました。

西洋では、新しいことにチャレンジする人への贈り物にも利用されています

ジャーマンカモミールは誕生花の花なの?

ジャーマンカモミールは2月14日3月14日」「4月27日」「11月3日誕生花です。

ジャーマンカモミールの名前の由来

ジャーマンカモミールの「ジャーマン」は、古くからドイツで薬として利用されてきたことに由来してつけられました。

「カモミール」は甘いりんごのような香りがすることから、古代ギリシャ語で「大地のりんご」に由来しています。

花束の通販

英名の由来

ジャーマンカモミールの英名には、「German Chamomile(ジャーマンカモミール)」「Sweet False Camomile(スイートフォールスカモミール)」があります。

「German Chamomile」は、ヨーロッパが原産地であることと、古代ギリシャ語の「大地(Khamai)」と「りんご(Melon)」が由来です。

そして、「Sweet False Camomile」は、りんごに似た甘い香りを楽しめることからつけられました。

和名の由来

ジャーマンカモミールの和名である「加密列(カミツレ)」の由来は、江戸時代にまでさかのぼります。

当時オランダ語が日本に入ってきたとき、ジャーマンカモミールのオランダ語名である「Kamille(カーミレ)」を漢字に当てはめたものがなまって広まったといわれています。

正式な学名

ジャーマンカモミールの正式な学名は、「Matricaria Chamomilla(マトリカリアカモミラ)」です。

「Matricaria」はラテン語で「子宮」を意味しており、古くから婦人科系の病に効果がある薬として利用されてきたことに由来しています。

ジャーマンカモミールってどんな花?

原産地ヨーロッパ・西アジア
科・属キク科・シカギク属
タイプ一年草
花のサイズ直径2cmほど
香りりんごのような甘い香り
草丈20~60cmほど
開花時期3~6月
旬の季節
花持ち日数基本的に1日(2~3日持つ場合もある)
出回り時期3~6月

ジャーマンカモミールは原産国であるヨーロッパや西アジアの中でも、特にドイツで薬としての使用が承認されている一年草のハーブです。

3〜6月が開花および収穫時期であるため、基本的に夏になると枯れてしまいます。

花持ちは基本的に1日だけですが、乾燥剤と一緒に密閉容器に入れることで長持ちさせることも可能です。

りんごのような甘い香りを持つジャーマンカモミールの花は、ハーブティーとしても人気があります

また、ジャーマンカモミールから抽出される精油には、保湿や抗炎症の効果があり、皮膚のケアにも最適です。

ただし、キク科のアレルギーを持つ人は、飲用だけでなく使用や栽培も控えてください

ジャーマンカモミールの風水

風水において、ジャーマンカモミールは恋愛や人間関係の運を高めてくれるとされています。

あらゆる方角に馴染む花ですが、西向きに置くことでより良い効果を得られるとされているのです。

ジャーマンカモミールの飾り方

ジャーマンカモミールを花束として飾るときは、日当たりと風通しが良い場所を選びましょう。

花びらが落ち、黄色の中央部分(苞)が盛り上がってきたら、苞を摘み取ることで長持ちします

ジャーマンカモミールを一輪挿しで飾る場合は、花瓶の水温が上がることで花を痛ませないために、直射日光が当たらない場所に置くことが大切です。

また、エアコンや扇風機の風で傷むこともあるので注意しましょう。

ジャーマンカモミールをスイーツの飾りなどに利用する場合は、あらかじめ乾燥させておく必要があります。

きれいに乾燥させるには、風通しの良い日陰で干すか、600Wの電子レンジで30秒ほど加熱する方法が有効です。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES