シュウカイドウ(秋海棠)の花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

シュウカイドウ(秋海棠)の花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

シュウカイドウ(秋海棠)の花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 自然を愛する
  • 片思い
  • 恋の悩み

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

シュウカイドウ(秋海棠)の花言葉は「恋の悩み」「片思い」「自然を愛する」

シュウカイドウの花言葉は、「恋の悩み」「片思い」「自然を愛する」です。

「恋の悩み」「片思い」という花言葉からは奥ゆかしさが感じられ、密かに想いを寄せる人や、恋に悩む友人へのプレゼントに向いています。

また、「自然を愛する」という意味の花言葉もあるため、ガーデニングが好きなご家族や友人に贈るのもおすすめです。

花束の通販

シユウカイドウ(秋海棠)の怖い花言葉

シュウカイドウには「恋の悩み」「片思い」のような初々しい花言葉がある反面、イギリスでは「不格好」という花言葉が使われることもあります。

葉の大きさが左右で異なることから、いびつで不揃いな外観を表した花言葉が用いられるようになりました。

日本ではあまり一般的ではありませんが、花言葉に詳しい人へプレゼントをする際は注意したいですね。

シュウカイドウ(秋海棠)の花言葉の由来

「片思い」は、シュウカイドウの葉が左右で揃っておらず、ぴったり重ならない様子から名付けられました。

自分の想いが相手に届かなかったり、好きな人と自分が不釣り合いだと悩んだりする切なさが感じられます。

「恋の悩み」の花言葉は、ピンク色の花がうなだれるように咲いている姿が、頬を赤らめながら恋焦がれる相手のことを思っている人を連想させるという理由からつけられたのだとか

また「自然を愛する」は、寒さに強く、自然豊かな野山でもたくましく咲くシュウカイドウの姿からつけられました。

シュウカイドウ(秋海棠)の花言葉は色によって違うの?

シュウカイドウの花には白とピンクがあります。白の花言葉は「自然を愛する」、ピンクの花言葉は「片思い」「恋の悩み」です。

シュウカイドウ(秋海棠)の花言葉に似ている花は?

「片思い」という花言葉に似ている花

「自然を愛する」という花言葉に似ている花

  • 「自然への愛」モクレン
  • 「自然の恵み」オレガノ
  • 「自然の恵み」ルビーグラス
  • 「自然美」ホオズキ

シユウカイドウ(秋海棠)の花言葉と真逆の意味の花

赤いバラには「私はあなたを愛する」「あなたの全ては可愛らしい」という情熱的な花言葉があり、秘めた恋心を表すシュウカイドウの「片思い」と真逆の意味をもちます。

また、アザレアの「愛されることを知った喜び」、アイビーの「永遠の愛」「結婚」といった花言葉も、シュウカイドウとは真逆の性質をもつと言ってよいでしょう。

シユウカイドウ(秋海棠)は誕生花の花なの?

シュウカイドウは8月29日」と「9月10日」の誕生花です。

シユウカイドウ(秋海棠)の名前の由来

シュウカイドウという名前は、バラ科のカイドウ(海棠)に似た花を秋に咲かせることから名付けられました

花束の通販

英名の由来

シュウカイドウの英名である「Hardy begonia」の名付け親は、フランスの植物学者であるシャルル・プリュミエです。

フランス領アンティル諸島の総督を務めていたミシェル・ベゴン(Michel Begon)が、シャルル・ブリュミエをルイ14世に推薦したことに対する礼を込めて名付けたと言われています。

和名の由来

シュウカイドウは、ほかにも「ヨウラクソウ(瓔珞草)」「ダンチョウカ(断腸花)」という名前があります。

「ヨウラクソウ(瓔珞草)」は、仏像の装飾品である瓔珞に似ていることから名付けられました。

また、「ダンチョウカ(断腸花)」は、とある女性が愛しい人に会えなくなってしまってしまい、相手を想う涙によって大地に花が咲いたという逸話が由来です。

正式な学名

シュウカイドウの正式な学名は「Begonia grandis(ベゴニア グランディス)」です。

シュウカイドウはベゴニア属の一種であり、ほかにはベゴニア・センパフローレンスやレックスベゴニアなどがあります。

シュウカイドウ(秋海棠)ってどんな花?

原産国中国
科・属シュウカイドウ科・シュウカイドウ属
タイプ多年草
花のサイズ3cm
香りほとんどしない
草丈40cm~60cm
開花時期8月~10月
旬の季節夏~秋
花持ち日数3日~4日
出回り時期3月~4月

シュウカイドウは、淡いピンクや白の花を咲かせる耐寒性多年草です。

左右で大きさが異なるハート型の葉をもっており、葉のわきから茎を伸ばして花を咲かせます。

江戸時代に中国から日本へ渡ったと言われており、松尾芭蕉の俳句にも登場します。

寒さに強く、屋外でも日本の冬を越すことができるのが特徴です。

葉の付け根には「むかご」と呼ばれる小さな球根ができ、鳥や動物のえさになります。

シュウカイドウ(秋海棠)の飾り方

シュウカイドウはピンク色の花びらが可愛らしく華やかなので、一輪挿しでも十分部屋が明るくなります。

花瓶は白や薄いグレーなど、花の色が映えやすいものを選ぶとよいでしょう。

窓際や玄関など、普段目につきやすい場所に飾ると周囲の雰囲気が明るくなります。

和室や畳の部屋に飾りたいのであれば、細長い茎をもつトクサ(木賊)と一緒に、縦長の花瓶に活けて飾るのがおすすめです。

シユウカイドウ(秋海棠)の商品の紹介

シユウカイドウは花壇や鉢植えに移すだけでなく、切り花として楽しむことも可能です。

注文すると苗の状態で届くため、コツコツ育てながら成長を見守れます。

お部屋や庭を華やかな雰囲気にしたい人におすすめです。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES