シキミアの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

シキミアの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

シキミアの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 寛大
  • 清純

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

シキミアの花言葉は「清純」「寛大」

シキミアはマッチ棒のような赤いつぼみをたくさんつけ、開花すると白い花を咲かせます。

シキミアの花言葉「清純」「寛大」で、どちらも良い意味の花言葉なのでプレゼントに最適です。

「清純」という花言葉から、純粋な心を持った方への贈り物に向いています。

また「寛大」という花言葉から、器が広く、尊敬できる上司などへのプレゼントにもおすすめです。

花束の通販

シキミアの花言葉は色によって違うの?

シキミアの色は白1色しかないので、色による花言葉の違いはありません

シキミアの怖い花言葉

シキミアには怖い花言葉はありません

花言葉は「清純」「寛大」の2つなので、安心してプレゼントできるお花です。

シキミアの花言葉の由来

シキミアの花言葉は、どちらも花の見た目が由来になっています。

「清純」は、シキミアが美しく清らかな、真っ白い花を咲かせることからつけられました。

「寛大」は、シキミアがつぼみをつける10月から、開花する3月頃まで約半年間楽しめるためつけられました。

ミカン科の植物はたくさんの果実を付けますが、シキミアも同様たくさんの花を咲かせます。たくさんのつぼみを長期間大判振る舞いしてくれるため「寛大」という花言葉がぴったりです。

シキミアの花言葉に似ている花は?

「清純」という花言葉に似ている花

  • 「純真」サギソウ
  • 「汚れのない無垢な心」スノーフレーク
  • 「清潔」ストケシア
  • 「精神的な美しさ」クレマチス
  • 「清らか」トサミズキ

「寛大」という花言葉に似ている花

  • 「寛容」ゴクラクチョウカ
  • 「寛容な心」ヘレニウム
  • 「尊大」オオヒエンソウ
  • 「包容力」ベニバナ
  • 「寛大な愛」ムスカリ

シキミアの花言葉と真逆の意味の花

「清純」という花言葉と真逆の意味の花

  • 「下品な心」黄色のマリーゴールド
  • 「偽りの魅力」ダチュラ
  • 「罠」ムシトリナデシコ
  • 「罪深い人」ユウガオ
  • 「甘い罠」ウツボカズラ

「寛大」という花言葉と真逆の意味の花

  • 「拒絶」「拒否」黄色のカーネーション
  • 「冷酷」アジサイ
  • 「不信感」ラベンダー
  • 「恨み」オトギリソウ
  • 「批評家」「文句屋」アザミ

【英語版】シキミアの花言葉

英語版のシキミアの花言葉はありません

しかし海外でもクリスマスシーズンにはリースの花材として人気があります。

花束の通販

シキミアは誕生花の花なの?

シキミアは1月24日」と「10月31日」の誕生花です。

シキミアの名前の由来

シキミアの名前の由来は、一年中美しいという「四季美」から来ています。

赤いつぼみの状態でも長く楽しむことができ、白い花が咲くと他の花の引き立て役として大活躍するお花です。

英名の由来

シキミアの英名は「Skimmia」です。

日本原産のミヤマシキミがヨーロッパで品種改良され、現在のシキミアになりました。

発音によっては「スキミア」と呼ばれることもあります。

和名の由来

シキミアの和名は「深山樒」(ミヤマシキミ)です。

山で良く育ち、葉が樒(シキミ)に似ていることからつけられました。

樒は日本原産の木で、仏教の宗派によってはお供えで使われます。

正式な学名

シキミアの正式な学名は「Skimmia Japonica」です。

花名の「Skimmia」に、日本原産であることから「Japonica」(日本の)という言葉がついています。

シキミアってどんな花?

原産国日本・中国・朝鮮半島
科・属ミカン科・ミヤマシキミ属
タイプ常緑低木
香り甘い香り
草丈50~100㎝
開花時期3~4月
旬の季節春~秋
花持ち日数5~10日程度
出回り時期10~12月

シキミアは日本原産の常緑低木ですが、ヨーロッパでは園芸品種も作られています。

マッチ棒のような赤いつぼみが特徴のお花です。開花すると真っ白な花を咲かせ、香りが良く、甘い香りと表現されます。

真っ赤なつぼみと真っ白なお花を長く楽しめるお花です。

シキミアの風水

シキミアはつぼみの状態は赤、開花すると白い花が咲きます。

花風水における「赤」は、積極性を高めたり、勝負運を高めてくれる色です。

やる気をアップさせ、アクティブな行動に導いてくれる色なので、仕事や勉強など、何か打ち込むことがある時に飾るのがおすすめです。

「火の気」を持つ赤は、太陽との相性が良いため、日が昇る東に飾りましょう。

花風水における「白」は浄化作用があり、悪い気を浄化してくれます。

また他の色のお花と一緒に飾ると、他の色の効果も高める力も持っています。

より効果を高めるには、北や北東に飾るのがおすすめです。

シキミアの飾り方

シキミアは切り花としての流通が多いお花で、つぼみの状態で出回ることが多いです。

20㎝ほどの長さで出回ることが多く、低めのアレンジやブーケに使われます。

肉厚で存在感とツヤのある濃い緑の葉と、たくさんの赤いつぼみはクリスマスリースのアレンジにぴったりです。

クリスマススキミー」と呼ばれることもあります。

針葉樹や秋の実との相性も抜群です。

開花した状態のシキミアはメインとしてのお花よりも、他のお花を引き立てるのに活躍します。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES