カルセオラリアの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

カルセオラリアの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

カルセオラリアの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 繊細
  • 幸せ(幸福)
  • 援助
  • 私の伴侶に

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

カルセオラリアの花言葉は「援助」「幸福」「私の伴侶に」「繊細」

カルセオラリアの花言葉「援助」「幸福」「私の伴侶に」「繊細」です。

これらの花言葉は、巾着袋のような黄色い花を咲かせることから「お金」を連想させることと、極端な寒さや暑さに弱いことに由来しています。

カルセオラリアは、日本の高温多湿な気候に弱く温暖で乾燥した環境を好むため、日本では鉢植えで育てるのが一般的です。

花束の通販

カルセオラリアの花言葉は色によって違うの?

カルセオラリアは、花の色による花言葉に違いはありません

なお、花の色は赤や橙、黄などさまざまです。

カルセオラリアの怖い花言葉

カルセオラリアには、怖い花言葉はありません

かわいらしい花を咲かせ、ポジティブな印象を持たれる植物です。

カルセオラリアの花言葉の由来

「援助」や「幸福」という花言葉は、カルセオラリアの花がぷっくりとした巾着袋のような見た目であることから、たくさんのお金を連想させることに由来しています。

「私の伴侶に」という花言葉は、お金に関して不自由させませんという、結婚を申し込む時の言葉が由来です。

そのため、カルセオラリアはプロポーズする時のプレゼントに最適だといえるでしょう。

「繊細」という花言葉は、極端な寒さや暑さ、多湿に弱い花であることからつけられたとされています。

カルセオラリアの花言葉に似ている花は?

カルセオラリアの花言葉に似ている花は次の通りです。

「援助」という花言葉に似ている花

  • 「援助する」シキミ
  • 「あなたの助けになる」ムラサキケマン
  • 「助け合う」ハートカズラ

「幸福」という花言葉に似ている花

「私の伴侶に」という花言葉に似ている花

  • 「あなたと一緒に」ジャスミン
  • 「いつまでも一緒」アングレカム
  • 「良きパートナー」シザンサス

「繊細」という花言葉に似ている花

カルセオラリアの花言葉と真逆の意味の花

カルセオラリアの花言葉と真逆の意味を持つ花を紹介します。

「援助」の花言葉と真逆の意味の花

  • 「助けて」チグリジア
  • 「私を助けて」ハス
  • 「孤独」エリカ

「幸福」の花言葉と真逆の意味の花

「私の伴侶に」の花言葉と真逆の意味の花

「繊細」の花言葉と真逆の意味の花

  • 「図太い」キンギョソウ
  • 「大胆」カラマツ
  • 「豪快」ダイダイ

【英語版】カルセオラリアの花言葉

カルセオラリアの英語版の花言葉は「Let me assist you.(お手伝いさせてください)」です。

これは、花の形が財布のように見えることから、お金でお手伝いするということに由来しています。

花束の通販

カルセオラリアは誕生花の花なの?

カルセオラリアは、3月17日3月27日4月24日、5月23日の誕生花です。

なお、色による誕生花の違いはありません。

カルセオラリアの名前の由来

カルセオラリア(Calceolaria)の名前は、ギリシャ語で小さなスリッパという意味の「カルセオルス(Calceolus)」が由来です。

また、イタリアの植物学者である「カルチュオラリ(F.Calceolari)」の名前も由来の一つとされています。

英名の由来

カルセオラリアの英名は「Slipper Flower(スリッパ・フラワー)」や「Pouch Flower(ポーチ・フラワー)」です。

これらは、花の形がスリッパやポーチのように見えることから名づけられました。

別名「Pocketbook Flower(ポケットブック・フラワー)」とも呼ばれていて、花の形が財布のように見えることが由来です。

なお、Pocketbookには財布という意味があります。

和名の由来

カルセオラリアの和名である「キンチャクソウ(巾着草)」は、花が巾着袋のような形をしていることから名づけられました。

正式な学名

カルセオラリアの正式な学名は「Calceolaria(カルセオラリア)」です。

カルセオラリアってどんな花?

原産国チリ、ペルー、メキシコ、ニュージーランド
科・属キンチャクソウ科・キンチャクソウ属
タイプ一年草(多年草として育てることも可能)
花のサイズ直径1~5cmほど
香りクチナシのような香り
草丈20~50cmほど
開花時期4~6月
旬の季節春~初夏
花持ち日数10日ほど
出回り時期春~初夏

カルセオラリアはチリやペルーなどを原産国としていて、極端な寒さや暑さ、湿気に弱い性質を持っています。

秋に種をまくと春に開花する一年草として扱われますが、高温多湿な環境を避けることで、多年草のように数年にわたって育てることも可能です。

直径1~5cmほどの小さな花はクチナシのように甘く華やかな香りが特徴で、約200種もの種類があります。

そのほとんどが、かわいらしい花を目的に栽培される観賞用の品種です。

カルセオラリアの風水

カルセオラリアは、巾着袋のように見えることや黄色の花を咲かせることから、金運を高める風水効果があります。

家に飾るのであれば部屋の入口から見て左側の奥に置き、外で栽培するのであれば西の方角に植えることで、さらに金運アップの効果を高めてくれるでしょう。

カルセオラリアの飾り方

カルセオラリアは繊細な花であるため、鉢植えに植えたまま飾るのがおすすめですが、一輪挿しで飾ることも可能です。

日当たりが良く涼しい場所に置き、枯れた花は随時摘み取りましょう。

花が落ちやすいので、水やりの際は花に水がかからないように注意してください。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES