キルタンサスの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

キルタンサスの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

キルタンサスの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • ロマンティック
  • 屈折した魅力
  • 恥ずかしがり屋
  • 屈折

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

キルタンサスの花言葉は「ロマンティック」「屈折した魅力」「恥ずかしがり屋」

キルタンサスの花言葉は「ロマンティック」「屈折した魅力」「恥ずかしがり屋」

キルタンサスの花言葉は「ロマンティック」「屈折した魅力」「恥ずかしがり屋」です。

花の色や、細く曲がった花の様子からつけられました。

花束の通販

キルタンサスの花言葉は色によって違うの?

キルタンサスの花色はいくつかあり、花言葉も色別にあります。

ピンクのキルタンサスの花言葉:「ロマンティック」

キルタンサスの淡いピンクの花色は柔らかく女性らしい雰囲気をもっています。

花言葉「ロマンティック」はこのキルタンサスの花色からきたと考えられます。

黄色のキルタンサスの花言葉:「恥ずかしい」

キリスト教圏では黄色は裏切り者のユダを象徴する色とされています。

ここから「恥ずかしい」というマイナスなイメージの花言葉がつけられたのでしょう。

白のキルタンサスの花言葉:「屈折した魅力」「屈折」

花言葉「屈折した魅力」「屈折」はキルタンサスのゆるく曲がった花のイメージからつけられた花言葉です。

キルタンサスの怖い花言葉

寒い冬の期間も咲き続けるキルタンサスには怖い花言葉はありません。

しかし、白のキルタンサスの花言葉「屈折した魅力」「屈折」は、性格や考え方が歪んでいることを表します。

そのため、少し暗い印象をもつ人もいるかもしれません。

キルタンサスの花言葉の由来

「ロマンティック」

キルタンサスの花色のひとつには淡いピンク色があります。

この花色がもつ柔らかくフェミニンなイメージから、花言葉「ロマンティック」がつけられたと考えられます。

「屈折した魅力」

キルタンサスは細長い筒状の花がゆるく曲がって咲いています。

その花の姿から花言葉の「屈折した魅力」がつけられたのでしょう。

「恥ずかしがり屋」

キルタンサスの花姿は人がうつむき加減な様子に見えることから「恥ずかしがり屋」という花言葉がつけられたと言われています。

キルタンサスの花言葉に似ている花は?

「ロマンティック」に似ている花言葉

  • 「胸のときめき」ネムノキ
  • 「あなたと二人で旅をしましょう」アセビ
  • 「あなたを愛しています」バラ(赤)
  • 「君を愛す」アネモネ(赤)
  • 「愛情の絆」ストック

「屈折した魅力」に似ている花言葉

  • 「厭世家」アコニタム
  • 「満ちた自信」リンドウ(青または紫)
  • 「死んでも離れない」アイビー
  • 「私のものになって」四つ葉のクローバー
  • 「不滅の愛」チューリップ(紫)

「恥ずかしがり屋」に似ている花言葉

  • 「はにかみ」シクラメン
  • 「臆病な心」アマリリス
  • 「引っ込み思案」オオアワダチソウ
  • 「人見知り」ボタン
  • 「恥じらい」シャクヤク

キルタンサスの花言葉と真逆の意味の花

黄色のデイジーの花言葉「ありのまま」は現実離れしていることをイメージさせる「ロマンティック」と逆の意味の花言葉です。

キルタンサスの花言葉「屈折した魅力」はピンクのカーネーションの「温かい心」と比べると、魅力が歪んでしまったことをイメージさせます。

また、ルコウソウの花言葉「でしゃばり」は余計な口出しや手出しをする意味があり、キルタンサスの花言葉「恥ずかしがり屋」とは逆の花言葉になります。

【英語版】キルタンサスの花言葉

キルタンサスの英語の花言葉は「Romantic(ロマンティック)」です。

由来ははっきりと分かっていませんが、キルタンサスの淡いピンクの花色からつけられたと考えられます。

花束の通販

キルタンサスは誕生花の花なの?

甘い香りが特徴的なキルタンサスは1月22日11月28日、11月30日の誕生花になっています。

キルタンサスは冬咲きの品種が多くの人に知られているため、この日の誕生花として設定されたのでしょう。

キルタンサスの名前の由来

ガーデニング初心者でも育てやすいキルタンサスは、学名の「Cyrtanthus(キルタンサス)」がそのまま通称となっています。

英名の由来

キルタンサスの英名は「Fire lily」です。

春にする野焼きの後、焼け野原に咲くことからこの名前がつけられました。

和名の由来

キルタンサスの和名は「笛吹水仙(フエフキスイセン)」です。

細長いラッパ型の花と、水仙を思わせる佇まいからこの名前がつけられました。

正式な学名

キルタンサスの正式な学名は「Cyrtanthus(キルタンサス)」です。

ギリシャ語で「曲がった」を意味する「kyrtos」と花を意味する「anthos」が由来になっています。

キルタンサスってどんな花?

原産国南アフリカ
科・属ヒガンバナ科キルタンサス属
タイプ多年草
花のサイズ約1~2㎝
香りフルーティーな甘い香り
草丈20~50㎝
開花時期冬咲き:12~2月  夏咲き:5~8月
旬の季節冬~春(冬咲き)、夏(夏咲き)
花持ち日数約5~7日間
出回り時期11月~5月

冬から早春にかけて花屋で見かけるキルタンサスは、ガーデニング用の球根や切り花として出回ります。

細長いラッパ状の小花が下や横を向いて咲くものがよく知られていますが、上向きに咲く品種や大きい花を咲かせる品種もあります。

病害虫がつきにくく、育てやすい球根植物です。

キルタンサスの風水

花を飾ることは風水では開運アクションとされ、キルタンサスのように香りの良い花は「良い気を運んできてくれる」と言われています。

さらに相性の良い方角に飾ると風水の効果アップが期待できます。

花を飾る際の参考にしてみてください。

方角
ピンク愛情運
西金運
北東不動産運、転職運

ピンクのキルタンサス

北は水を司る方角と言われ、男女の愛情運に影響を与えます。

ピンクは北の方角と相性の良い色のひとつです。

パートナーとの関係を良くしたい人は、北の方角にピンクのキルタンサスを飾ってみてはいかがでしょうか。

黄色のキルタンサス

黄色は西の方角と相性が良い色です。

西は風水では豊穣や繁栄を表す方角として多くの人に知られています。

金運をあげたい人や作物の豊作を願う人は、西の方角に黄色のキルタンサスを飾るのがおすすめです。

白のキルタンサス

土の気を司る北東は、不動産や転職と関係が深い方角と言われています。

白と相性が良いので、良い土地に引っ越したい人や転職を考えている人は、家の中心から北東の方角に白のキルタンサスを飾ると良いでしょう。

キルタンサスの飾り方

キルタンサスは切り花や球根で購入することができます。

切り花は茎がやわらかく腐りやすいので、浅水で活けるようにしましょう。

花は小さいですが、2~3本でも十分に香りを楽しむことができます。

球根は水はけの良い土に植え、霜に当てないよう注意して育てましょう。

生命力が強く植えっぱなしでもどんどん球根が増えていくので、初心者でも簡単に育てられます。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES