ハツコイソウの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

ハツコイソウの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

ハツコイソウの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 淡い初恋
  • 秘密
  • 約束

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

ハツコイソウの花言葉は「秘密」「淡い初恋」「約束を守る」

ハツコイソウの花言葉は、「秘密」「淡い初恋」「約束を守る」です。

「秘密」「約束を守る」という花言葉は、小さく奥ゆかしい花を長期間咲かせることからつけられました。

「淡い初恋」はハツコイソウという和名と花の可憐な様子にちなむ花言葉で、ロマンチックなものが好きな方への贈り物におすすめです。

花束の通販

ハツコイソウの花言葉は色によって違うの?

ハツコイソウは青、白、黄、ピンク、赤などの色がありますが、色による花言葉の違いはありません

ハツコイソウの怖い花言葉

ハツコイソウの花言葉は可憐な花の印象にちなんでおり、怖い花言葉はありません。

しかし「秘密」「約束を守る」という言葉は少し意味深にも捉えられるので、贈り物にする場合にはハツコイソウを選んだ理由を相手に伝えておくと誤解を防げます。

ハツコイソウの花言葉の由来

「秘密」という花言葉は、小さく奥ゆかしい花の様子に由来しています。

「淡い初恋」はハツコイソウという和名と、薄い花びらが儚い印象を与えることからつけられた花言葉です。

「約束を守る」という花言葉は大人しく誠実な花の印象と、秋から春の長い間、密かに花を咲かせることにちなんでいます。

ハツコイソウの花言葉に似ている花は?

「秘密」という花言葉に似ている花

「淡い初恋」という花言葉に似ている花

「約束を守る」という花言葉に似ている花

  • 「約束」クローバー
  • 「約束を守って」オオデマリ
  • 「誠実」スミレ

ハツコイソウの花言葉と真逆の意味の花

アマリリスの「おしゃべり」という花言葉は花同士が賑やかにおしゃべりをしているような様子にちなんだ花言葉で、ハツコイソウの「秘密」という花言葉とは由来も意味も真逆です。

赤のバラや赤のカーネーションは「熱烈な愛」という花言葉を持っており、ハツコイソウの「淡い初恋」とは相対しています。

またゲッケイジュの「裏切り」は、ハツコイソウの「約束を守る」とは真逆の意味を持つ花言葉です。

【英語版】ハツコイソウの花言葉

ハツコイソウの英語の花言葉は、「You are charming(あなたは魅力的)」です。

ハツコイソウはオーストラリア原産で、日本に導入された後に日本独自の視点で盛んに品種改良や栽培技術の開拓が進められた植物です。

日本ほど園芸種としてポピュラーな植物ではないためなのか、英語の花言葉は多くありません。

花束の通販

ハツコイソウは誕生花の花なの?

ハツコイソウは11月3日の誕生日の花です。

愛らしい名前と容貌に加えて秋から春まで長く花を楽しめるため、贈り物にするにはとても適しています。

花色のバリエーションが豊富なので、複数の品種を組み合わせた寄せ植えにして贈るのもおすすめです。

ハツコイソウの名前の由来

英名の由来

ハツコイソウの英名は「Lechenaultia」です。

Lechenaultiaはハツコイソウが入っている属の総称で、赤い花を咲かせるLechenaultia formosaは「Red Lechenaultia」、青い花を咲かせるLechenaultia bilobaは「Bule Lechenaultia」と花の色を頭につけて呼ばれる場合もあります。

和名の由来

「初恋草(ハツコイソウ)」という和名は、花き生産関係者が花の可憐な姿からつけた名前です。

ハツコイソウがオーストラリアから日本に導入されたばかりの頃は、学名のままに「レケノルティア」「レシュノルティア」などと呼ばれていましたが、この名前ではなかなか定着しませんでした。

そこで当時の花き生産関係者が「初恋草」という商品名をつけ、花のイメージに合った名前として一般に広く使われるようになったということです。

正式な学名

ハツコイソウの正式な学名は「Lechenaultia R. Br.」です。

日本で普及しているハツコイソウはLechenaultia属の原種である「Lechenaultia formosa」「Lechenaultia biloba」を中心に品種改良をして作られた品種なので、一つの学名ではなく園芸品種を総称した学名が用いられます。

ハツコイソウってどんな花?

原産地オーストラリア
科・属クサトベラ科 レケノルティア属
タイプ低木
花色青、白、黄、ピンク、赤、複色
草丈30~60cm
開花時期10月~5月
植え付け時期3月~5月

ハツコイソウはオーストラリア原産で、「オージープランツ」と呼ばれる植物の一つです。

オーストラリアの中でも特に乾燥している西オーストラリア原産のため、日本の高温多湿はハツコイソウにとって厳しい環境になります。

特に梅雨の時期は、雨が当たらない場所に移動させて管理しましょう。

また霜にも弱いため、冬の間は霜よけをするか、日当たりの良い室内に取り込んで管理します。

季節や気候によって管理に適した場所が変わるため、管理のしやすい鉢植えでの栽培が適しています。

ハツコイソウの風水

ハツコイソウは花色のバリエーションが豊富な植物なので、風水を取り入れたい場合は上げたい運気に合わせた色選びができます。

金運には黄色、信頼運や仕事運には青色、恋愛運にはオレンジのハツコイソウを選ぶと運気の上昇が期待できます。

また生命力を象徴する赤色は、活力を求める方や健康運を上げたい方におすすめです。

ハツコイソウの飾り方

ハツコイソウはオージープランツの中でも背丈が比較的低く、花のサイズが小ぶりなため、他の植物との寄せ植えを楽しむことができます。

同じように秋から春にかけて咲くエリカや、冬以外の季節なら同じオージープランツのサザンクロスなどが相性の良い植物です。

組み合わせに迷ってしまう方には、好きな色のハツコイソウを組み合わせた寄せ植えがおすすめです。

同じ花同士の寄せ植えにすることで統一感が出るだけでなく、季節に合わせた鉢植えの管理がしやすいという利点があります。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES