セツブンソウの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

セツブンソウの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

セツブンソウの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 気品
  • 光輝
  • 人間嫌い
  • 微笑み

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

セツブンソウの花言葉は「気品」「光輝」「微笑み」「人間嫌い」

セツブンソウの花言葉は「気品」「光輝」「微笑み」「人間嫌い」

小さく可憐な花を咲かせるセツブンソウには「気品」「光輝」「微笑み」「人間嫌い」という花言葉があります。

「気品」や「光輝」という品位を感じる花言葉があるので、落ち着いた振る舞いで品がある人や、お世話になった恩師への贈りものに最適な花です。

花束の通販

セツブンソウの花言葉は色によって違うの?

セツブンソウの花は白1色なので、色違いの花言葉はありません。

セツブンソウの怖い花言葉

セツブンソウの怖い花言葉

セツブンソウには「人間嫌い」という、少しネガティブな花言葉があります。

これはセツブンソウが「アコニチン」という毒を持つ、有毒植物であることが由来といわれています。

毒性を持ち人を寄せ付けないイメージからつけられたのでしょう。

しかしもうひとつ、節分の鬼が人間へ向けた気持ちが由来という説もあります。

「鬼は外!福は内!」と邪気である鬼を追い払い、福の神を招き入れる節分を想像すると、怖い由来ではなくなり「人間嫌い」も納得できる花言葉になります。

セツブンソウの花言葉の由来

「気品」

セツブンソウはひと株にひとつの花だけが咲きます。

いくつも花をつけ咲き乱れるのではなく、一輪だけ咲く様子が凛とした品のある姿に映り「気品」という花言葉がついたとされます。

「光輝」

セツブンソウの花の中心には、蜜を分泌する黄色い蜜線が丸く並んでいます。

蜜できらめく輪が王冠のように見えることから、美しく光り輝くという意味の「光輝」という花言葉がつけられました。

「微笑み」

セツブンソウは草丈が低く、花の大きさも2cm程の小さな花です。

足元でそっと道行く人を見上げて咲く微笑ましいイメージから「微笑み」がついたといわれています。

セツブンソウの花言葉に似ている花は?

「気品」という花言葉に似ている花

「光輝」という花言葉に似ている花

「微笑み」という花言葉に似ている花

  • 「微笑み」イングリッシュローズ
  • 「あなたに微笑む」ヤマザクラ
  • 「乙女のはにかみ」アンズ

「人間嫌い」という花言葉に似ている花

  • 「不信感」ラベンダー
  • 「私にさわらないで」ゴボウ
  • 「人嫌い」ヘクソカズラ

セツブンソウの花言葉と真逆の意味の花

タンポポの花言葉「軽薄」は、気高さのある「気品」とは真逆の、軽々しいイメージがあります。

ダチュラの花言葉「偽りの魅力」は、美しく光り輝くという「光輝」とは正反対の意味を持ちます。

紫のヒヤシンスの花言葉「悲しみ」は、幸せを感じさせる「微笑み」とは対照的な暗く沈んだ感情をあらわします。

ポピーの花言葉「陽気でやさしい」は、他人への不信感を抱えている印象の「人間嫌い」とは反対の意味です。

【英語版】セツブンソウの花言葉

セツブンソウは日本原産の植物のため、英語版の花言葉はありません。

花束の通販

セツブンソウは誕生花の花なの?

セツブンソウは1月23日2月3日誕生花です。

セツブンソウの名前の由来

セツブンソウは、漢字で「節分草」と書く日本の固有種です。

2月に咲くため、節分にちなんでつけられました。

英名の由来

セツブンソウの英名は「winter aconite(ウィンター アコナイト)」です。

トリカブトをあらわすaconite=アコニチンから、冬のトリカブトという意味になります。

またセツブンソウは、スプリング・エフェメラル(春のはかない命)とも呼ばれます。

雪解けまもない早春にいち早く姿を見せ、夏には消えてしまう特徴を持った花の総称で、中でもセツブンソウは一番手に咲く春植物です。

和名の由来

漢字で「節分草」と書く通り、2月の節分の時期に開花することが由来です。

正式な学名

セツブンソウの正式な学名は「Eranthis pinnatifida(エランティス ピンナティフィダ)」です。

属名のEranthisは、ギリシャ語の「春(er)花(anthos)」が語源で、春に咲く花という意味を持ちます。

セツブンソウってどんな花?

原産国日本
科・属キンポウゲ科セツブンソウ属
タイプ多年草
花のサイズ2cm程
香りほのかに甘い
草丈10cm程
開花時期2~4月
旬の季節早春
花持ち日数10日程
出回り時期周年

セツブンソウは、関東から西日本の土地に自生する小さな草花です。

名前の通り節分の時期に咲き、古くから春を知らせる花として愛され、俳句にもよく使われ親しまれています。

日本の固有種ですが、環境問題や乱獲によって自生数が減少したため、環境省に準絶滅危惧種として指定されました。

梅に似ていますが、白い花びらに見える5枚はがく片で、輪になった黄色い蜜腺が花びらという変わった花姿をしています。

さらに中心には藍色の雄しべと紫がかった雌しべのグラデーションがあり、一見素朴な白い花に見えてカラフルな色彩の花です。

セツブンソウは小さく愛らしい花姿をしていますが、トリカブトと同じキンポウゲ科のため「アコニチン」という毒性を持っています。

根の部分に毒があるので、小さい子どもやペットが口にしないよう気をつけてください。

セツブンソウの風水

セツブンソウの白い花色は、風水において気を浄化する作用があります。

落ち込んだり高ぶったりといった、心の乱れを落ち着けてくれる作用で、家族間や夫婦間の関係を良好にしてくれます。

セツブンソウの鉢植えを部屋に置くなら、方角にも気を配り効果アップを狙いましょう。

  • 陰の気を持つ「北」の方角
  • 鬼門から悪い気の侵入を防ぐ「北東」の方角

この2つの方角がおすすめです。

セツブンソウの飾り方

セツブンソウは切り花には向かないので、鉢植えにして部屋に飾りましょう。

8月から9月の間の休眠時期が植え付けに適しています。

セツブンソウの鉢植えには、深さのあるタイプを選びましょう。

開花している間は日当たりのいい場所に置き、花が咲き終わったら休眠に入るので、直射日光が当たらない程度の日陰へ移してください。

セツブンソウの水やりは多湿にならないよう注意が必要です。

開花時期には、表面が乾いたら水やりをしますが、休眠時期は乾燥気味にしましょう。

セツブンソウは2月から3月にかけて小さく可愛らしい花を咲かせてくれるので、ぜひ育ててみてください。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES