ピンクッションの花言葉│名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

ピンクッションの花言葉│名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

ピンクッションの花言葉│名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 陽気
  • どこでも成功を
  • 共栄

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

ピンクッションの花言葉は「どこでも成功を」「共栄」「陽気」「降り注ぐ愛」「艶やかな人」

ピンクッションの花言葉は「どこでも成功を」「共栄」「陽気」「降り注ぐ愛」「艶やかな人」

ピンクッションの花言葉は、「どこでも成功を」「共栄」「陽気」「降り注ぐ愛」「艶やかな人」です。

「どこでも成功を」「共栄」というお祝いにふさわしい花言葉があり、就職や開業などこれからの活躍を願う人へプレゼントすると喜ばれるでしょう。

また、「陽気」と言う花言葉から、元気な友人に親しみをこめて贈るのもおすすめです。

「降り注ぐ愛」「艶やかな人」という花言葉もあるため、想いを寄せる人への贈り物やウェディングブーケにするのも素敵です。

花束の通販

ピンクッションの花言葉は色によって違うの?

ピンクッションはオレンジや黄色、赤などカラフルで鮮やかな色合いをしています。色によるピンクッションの花言葉は、以下の通りです。

  • 赤のピンクッションは「降り注ぐ愛」
  • 黄色、オレンジのピンクッションは「陽気」

情熱的な赤色のピンクッションは、ブーケにして恋人へ贈ると喜ばれるでしょう。元気をもらえる黄色やオレンジは、おしゃれな花が好きな方へプレゼントするのもおすすめです。

ピンクッションの怖い花言葉

ピンクッションには、怖い意味を持つ花言葉はありません。しかし、細い針がたくさん刺さっているようにも見えるため、見た目が怖いと感じてしまうかもしれません。

花言葉は良い意味合いがあるので、贈り物にするのは問題ありません。

ピンクッションの花言葉の由来

「どこでも成功を」という花言葉は、針のように見える雌しべが上向きに伸びている姿が、どのような場所でも成功するイメージを連想させることに由来します。

「共栄」は、ピンクッションの花がどの角度から見ても同じに見えるため、共に栄えると言う意味合いで付けられました。

また、「陽気」や「艶やかな人」という花言葉は、ピンクッションのカラフルな花の色が、太陽や華やかさを連想させることから付けられました。

「降り注ぐ愛」は、ピンクッションの1本1本独立した雌しべが複数伸びていく姿が、降り注いでいるようにも見えることに由来します。

ピンクッションの花言葉に似ている花は?

ピンクッションの花言葉に似ている花は、以下の通りです。

「どこでも成功を」

  • 「栄光」グロリオサ
  • 「輝かしい未来」ストレリチア
  • 「夢ある人生」ノウゼンカズラ

「共生」

  • 「あなたと共に」フウセンカズラ
  • 「共に生きる」フジハタザオ
  • 「常に前進」ガーベラ

「陽気」

  • 「快活」ナデシコ、カンナ
  • 「明朗」ウメモドキ
  • 「陽気で優しい」ポピー

「降り注ぐ愛」

「艶やかな人」

  • 「艶麗」グロキシニア
  • 「美しき姿」シラン
  • 「優美な女性」サクラ

ピンクッションの花言葉と真逆の意味の花

ここでは、ピンクッションの花言葉と真逆の意味の花を紹介します。

「どこでも成功を」

  • 「後の祭り」アスター
  • 「薄れゆく希望」アネモネ

「共生」

  • 「戦い」ノコギリソウ
  • 「孤独」エリカ

「陽気」

「降り注ぐ愛」

  • 「恋を疑う」オシロイバナ
  • 「移り気」アジサイ

「艶やかな人」

【英語版】ピンクッションの花言葉

ピンクッションの英語版の花言葉は、「どこでも成功を」です。日本の花言葉と同じで、ピンクッションの真っすぐ伸びゆく花姿が成功をイメージさせることから付けられました。

色別では、赤が「降り注ぐ愛」、オレンジや黄色は「陽気」の意味合いがあります。

花束の通販

ピンクッションは誕生花の花なの?

ピンクッションは、1月7日1月12日1月21日8月15日10月21日10月29日12月13日誕生花です。

ピンクッションは誕生花も多いため、誕生日に合わせて華やかなブーケをプレゼントするのもおすすめです。

ピンクッションの名前の由来

ピンクッションとは、裁縫道具で使用する針山のことを指しています。針山にたくさん針が刺さっているように見える花の姿からピンクッションと名付けられました。

針のように見える部分は雌しべで、花びらと雄しべは小さく根元にあります。ピンクッションは、雌しべがたくさん集まって華やかな一つの花を作っています。

英名の由来

ピンクッションの英名は、Pincushion(針刺し、針山)です。ピンクッションの見た目がそのまま針山を連想させることに由来します。

和名の由来

ピンクッションは和名でも、「ピンクッション」と呼ばれています。一度見たら忘れられない個性的な花姿と花持ちの良さから、切り花やドライフラワーとしても人気です。

正式な学名

ピンクッションの正式学名は、「Leucospermum cordifolium(レウコスペルマム・コルディフォリウム)」です。

属名はギリシャ語の「Leucos=白色の」と「Spermum=種子」を合わせた言葉で、cordifoliumは「cordis=ハート形の」と「folium=葉」を意味します。

ピンクッションってどんな花?

原産国南アフリカ
科・属ヤマモガシ科レウコスペルマム属
タイプ非耐寒性常緑低木
花のサイズ9~10cm
香り甘い香り
草丈2~3m
開花時期3月~5月
旬の季節夏~秋
花持ち日数2週間
出回り時期夏~秋

ピンクッションは、南アフリカに自生するネイティブフラワーです。

ネイティブフラワーは別名ワイルドフラワーとも呼ばれ、オーストラリアや南アフリカに自生する植物で、個性的なフォルムや色合いが特徴です。

ピンクッションの花や葉は硬く、ツヤツヤしたプラスチックのような質感をしています。針山のように真っすぐ上に向かって伸びる花姿から、力強い生命力を感じることができるでしょう。

乾燥や暑さに強く花持ちも良いため、フラワーアレンジメントやウェディングブーケなどに良く使われます。しかし、湿度が高いところではカビが発生しやすいので注意しましょう

輸入品が多く通年出回っていますが、夏から秋にかけてが特に多く出回ります。赤やオレンジ、黄色の品種があり、カラフルで鮮やかな色合いは、見ている人を前向きな気持ちにさせてくれます。

ピンクッションの風水

ピンクッションはオレンジや黄色、赤、ピンクとカラーも豊富にあるため、高めたい運気の方位と色を合わせて飾ると運気アップが期待できます。

西側は風水的に金運を司る方角で、西に黄色いピンクッションを飾ると金運アップに効果的です。

また、南東と相性の良い花の色はオレンジやピンク、黄緑などのグリーン系です。オレンジのピンクッションとグリーンを合わせて飾ると、結婚運や恋愛運アップが期待できるでしょう。

ドライフラワーは飾り方に注意

ピンクッションはドライフラワーでも楽しめますが、風水的にドライフラワーは陰の気があるため運気が下がると言われています。

しかし、飾り方を工夫することでプラスにすることができます。

ドライフラワーを飾る場合は、風通しの良い窓側や人通りの多い場所に飾るのがポイントです。また、寝室、リビング、玄関、トイレには飾らないようにしましょう。

ドライフラワーを飾る時はほこりや汚れに注意し、いつも清潔にしておくことも大切です。

ピンクッションの飾り方

ピンクッションは一度見たら忘れられない独特の雰囲気があり、切り花としての人気も高くさまざまなシーンで使われています。

一輪でも華やかさがあり、明るいオレンジや黄色の花は部屋をパッと明るくしてくれます。

花持ちと発色が良いためフラワーアレンジメントに向いており、ドライフラワーにすれば長く楽しめるのも魅力です。

同じネイティブフラワーのリューカデンドロンバンクシア、ユーカリなどのグリーンを使って、ナチュラルで野性味のあるスワッグとして飾るのもおすすめです。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES