知っておきたいマナー

胡蝶蘭を法事・法要で贈りたいときは?タイミング・選び方を解説!

胡蝶蘭は法事・法要のお供えに選ばれることの多い植物ですが、贈る際にはタイミングなどのマナーに注意する必要があります。お悔やみの気持ちを伝えるうえで失礼のないよう、胡蝶蘭を贈るべきタイミングや選び方はよく理解しておきましょう。

今回は、そんな胡蝶蘭を贈るタイミングを中心に、気をつけたいマナーを解説していきたいと思います。

法事・法要に胡蝶蘭が選ばれる理由

お供えの花として選ばれることの多い、胡蝶蘭。ですがなぜ胡蝶蘭なのか、理由を知らない人は意外と多いのではないでしょうか。まずは、法事・法要の際に胡蝶蘭が贈られることの多い理由から見ていきましょう。

よく理由として挙げられるのは、花が美しく咲くタイミング・シーズンを配慮しなくて済むからです。胡蝶蘭は一年の中でいつでも栽培することができるため、花の贈り物としては選びやすいのがポイントとなっています。

また、贈った後に遺族の方にお手入れの負担をかけさせないのも、胡蝶蘭が選ばれる理由の一つです。胡蝶蘭のお手入れはとても簡単で手間がかからず、それでいて長持ちしやすいという利点があります。

さらに、胡蝶蘭には強い匂いや花粉がないということも大事なポイントになります。長く供え花として置かれていても訪れた方を嫌な気持ちにさせることはなく、その見た目の上品さで、故人を喪った悲しみを癒してくれます。

胡蝶蘭 大輪 33輪~36輪 3本立ち 白
胡蝶蘭 大輪 33輪~36輪 3本立ち 白

♦33輪以上保証 ♦1本あたり11輪~12輪 ♦安心の品質保証7日間

白の3本立ちで、1本あたり11~12輪もの花が咲いている姿はとても豪華で素敵です。とてもリーズナブルな価格で提供しております(送料無料)。花言葉「幸福が飛んでくる」が意味するように、お祝いからお悔やみまで幅広くご利用いただけます。

詳しく見る

法事・法要で胡蝶蘭を贈るべきタイミング

では、胡蝶蘭を法事・法要で贈る際には、タイミングとしていつ届けるのが良いのでしょうか。特に法事・法要は、非常にデリケートなシーンにあたります。胡蝶蘭を贈る際には、極力失礼にならないタイミングを見計らって贈りたいところです。

基本的なタイミングのマナー

まず、法事・法要の当日は、ご遺族の方はとても忙しい状況にあることが多いです。お墓やお寺に赴くことも多いため、自宅を留守にすることもあるでしょう。多くの方が弔問に訪れる場合、喪主の方は挨拶などでとても大変な状況です。

そのため法事・法要の際に胡蝶蘭を贈る場合は、なるべく当日は避け、前日に届くように手配しましょう。前日であればご遺族の方も対応できる場合が多いです。お寺に直接贈る場合も、当日は失礼にあたる場合が多いため、基本的には前日と届くようにしておきましょう。

確実に指定のタイミングで贈りたいときは

胡蝶蘭を法事・法要の際に贈るときは、なるべく当日は避けて前日に前もって贈るのが望ましいです。

確実に指定のタイミングで贈りたいときは、やはり早めに手配することが大事になってきます。急な手配は胡蝶蘭の用意が間に合わない可能性があります。お悔やみの気持ちを込めて、丁寧に花を贈るなら、早めの手配を基本的に心がけていきましょう。

急な訃報で手配が間に合わなかった場合

とはいえ、急な訃報で葬儀に手配が間に合わず、遅れて届けることになってしまったということもあるでしょう。急な訃報でタイミングが合わなかったときは、四十九日までにはご遺族の方に届けるようにしてください。

ご遺族の方にとっては、バタバタと葬儀を終えた後のタイミングになるため、故人を偲ぶには良い贈り物になることでしょう。その際には、胡蝶蘭にメッセージカードを添えて、「お悔やみが遅れましたこと、ご容赦ください」に一言入れておくと良いかもしれません。

胡蝶蘭を法事・法要の際に送る時気をつけたいその他マナー

タイミング以外にも、法事・法要で胡蝶蘭を贈る際には注意すべきマナーがあります。胡蝶蘭を用意して贈る際には、以下のマナーにもしっかり気をつけていきましょう。

ラッピングの色に配慮する

気をつけたいのは、胡蝶蘭のラッピングの色です。一般的に、原色やラメなどの装飾のある派手なラッピングは法事・法要には向いておらず、見た目の印象的にも失礼にあたります。

胡蝶蘭を法事・法要で贈る場合は、法事・法要で贈るということをまずお店に伝えておきましょう。そうすることで、派手な色は避けて比較的控えめな色でラッピングしてくれます。

ただ、タイミングによってはこの限りでない場合もあります。四十九日を過ぎれば喪に服す時期も過ぎるため、故人の好きな色などを尊重してラッピングをするのも良いでしょう。故人が明るいピンク色が好きだった場合は、四十九日を過ぎた後は、可愛いピンクのラッピングで胡蝶蘭を贈るのも素敵です。

鉢植えの胡蝶蘭は避ける

胡蝶蘭を法事・法要で贈るときは、鉢植えのものは必ず避けましょう。鉢植えには土に肥料が使われているため、その肥料が不浄なものというイメージにつながるという考え方があるからです。せっかくの贈り物も、大変失礼なものになってしまう可能性があります。

そのため胡蝶蘭は鉢植えのものは選ばず、アレンジメントなどを選ぶようにしましょう。ブーケやスタンド花でも問題ありません。故人の思いを尊重したいなど何らかの事情があり、どうしても鉢植えの胡蝶蘭を法事・法要に贈りたいときは、必ずご遺族の方に確認するようにしましょう。

立て札・メッセージカードを用意する

胡蝶蘭を法事・法要で贈る場合は、基本的に立て札とメッセージカードを用意します。見てすぐに誰からのお供え花なのかわかるようにするためです。

家に贈るときや親しい友人が故人の場合は、メッセージカードを添えると良いでしょう。故人を偲ぶ言葉を書くのが一般的です。お寺に贈る場合は、立て札にするのが望ましいです。「供」と上に書き、名前や会社名を添えておきましょう。

お寺に贈るときの宛先の書き方

お寺に胡蝶蘭を直接送る場合は、宛先や贈り方はどうすれば良いのか迷うものです。法事・法要で胡蝶蘭を直接お寺に贈るときは、行き違いなどのトラブルが起きないよう、なるべくお寺には事前に連絡を入れておくと良いでしょう。

宛先は、住所にお寺の住所とお寺の名前を書きます。そして受け取り人の名前は喪主の方にします。状況によっては、ご遺族の代表者にあたる方などの名前を書く場合もあります。

法事・法要で胡蝶蘭を贈る時の選び方

では最後に、胡蝶蘭を法事・法要に贈るときの選び方のポイントを整理していきましょう。

色の選び方

法事・法要で胡蝶蘭を贈る場合は、色はを選ぶのが一般的です。特に四十九日を過ぎるまでは、白の胡蝶蘭を選ぶようにしましょう。

四十九日を過ぎれば、故人が好きだった色や淡いピンクなどの胡蝶蘭を選ぶ人も多くなってきます。明るい色の方がご遺族の方も気持ちが晴れやすいという考え方もあるため、派手すぎない色であれば喜んでもらえるでしょう。

予算の考え方

法事・法要で胡蝶蘭を贈る際の予算は、10,000円~30,000円を相場と考えておきましょう。相場に少し開きがあるのは、故人との関係性や親密度にもよるためです。このため、状況によって予算は変わってくるというのが正しい答えになるのは確かです。

ただ、友人・知人に贈る場合は10,000円前後、仕事関係の知人・お世話になった方に贈る場合は20,000円~30,000円が相場となってくるでしょう。故人との関係性やご遺族の意向なども考慮しながら、予算を決めていきましょう。

胡蝶蘭  大輪 51輪~54輪 3本立ち 白
胡蝶蘭 大輪 51輪~54輪 3本立ち 白

♦51輪以上保証 ♦1本あたり17輪~18輪 ♦安心の品質保証7日間

50輪以上の白の胡蝶蘭が咲き誇っている佇まいは、まさに圧巻の一言です。かなりボリュームがあり豪華ですので、法人ギフトとしてワンランク上の胡蝶蘭を贈りたい方や、大切な方への贈り物におすすめの商品です。送料無料で販売しています。

詳しく見る

まとめ

法事・法要で胡蝶蘭を贈る際には、より一層タイミングなどのマナーに配慮する必要があります。そんな丁寧さや礼儀正しさこそが故人を偲ぶうえでとても大切になるため、胡蝶蘭を法事・法要で贈るときはマナーや選び方をあらかじめ確認しておきましょう。

HanaPrimeでは、供え花として選びやすい白の胡蝶蘭を中心に、数多くの胡蝶蘭を提供しております。胡蝶蘭は上品さや清潔感をイメージさせる花です。故人・ご遺族の方に寄り添う思いを伝えるためにも、ぜひ胡蝶蘭を贈ってみてはいかがでしょうか。

HanaPrime公式サイト】【HanaPrime公式Instagram

-知っておきたいマナー
-,

© 2022 HanaPrimeマガジン