シーマニアの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

シーマニアの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

シーマニアの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 元気
  • 繁栄
  • ウィット
  • コミュニケーション

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

シーマニアの花言葉は「繁栄」「元気」「コミュニケーション」「ウィット」

シーマニアには、「繁栄」「元気」「コミュニケーション」「ウイット」という意味の花言葉があります。

「繁栄」は豊かに栄えていく縁起の良いイメージから、開店祝いや新築祝いといったお祝いのシーンで贈る鉢花に向いています。

「元気」という花言葉は、赤やオレンジ色の鮮やかな花が気持ちを明るくさせることから、いつまでも元気でという気持ちを花言葉に添えて贈り物にするのに良いでしょう。

「コミュニケーション」「ウイット」という花言葉もあるため、カジュアルに友達にプレゼントするのもおすすめです。

花束の通販

シーマニアの花言葉は色によって違うの?

シーマニアは花の色によって花言葉が違い、赤は「コミュニケーション」「繁栄」を意味し、オレンジは「元気」を意味しています。

赤い色は縁起も良く、お祝いの言葉を添えて贈り物にすると喜ばれるでしょう。

明るい色のオレンジはインテリアにも最適で、親しい友人や家族に贈るのにも向いています。

シーマニアの怖い花言葉

贈り物にするときは怖い花言葉や悲しいエピソードがあるのか心配ですが、シーマニアは「繁栄」や「元気」といった縁起の良い花言葉のため、怖い意味合いはありません

シーマニアの花言葉の由来

シーマニアは寒い冬場でもたくさんの花を咲かせるため、生命力あふれる姿から「繁栄」や「元気」の花言葉が付きました

「コミュニケーション」や「ウイット」は、シーマニアの特徴的な花の形に関係しています。

ふっくらした筒形の花は口を開けた金魚に例えられ、横を向いて互いにおしゃべりをしているように見えることから付けられました。

シーマニアの花のにぎやかな姿は、ウィットに富んだ会話を楽しんでいるような愛らしさがあります。

シーマニアの花言葉に似ている花は?

「繁栄」という花言葉に似ている花

  • 「富と繁栄」ピンクのユリ
  • 「子孫繁栄」オリヅルラン

同じ「繁栄」という花言葉を持つ花には、アリウムやニワゼキショウがあります。

「元気」という花言葉に似ている花

  • 「老いても元気」ユウセンギク
  • 「健康」アロエ、コリウス、ガジュマル、マリーゴールド(黄色)
  • 「いつも元気」ポーチュラカ

同じ「元気」という花言葉を持つ花は多く存在し、キクガーベラ、ディモルフォセカ、シネラリア、メランポジウム、ルコウソウなどがあります。

「コミュニケーション」という花言葉に似ている花

  • 「おしゃべり」キンギョソウ、アマリリス、カンパニュラ
  • 「あなたと一緒なら心がやわらぐ」ペチュニア
  • 「よい語らい」トルコギキョウ

コミュニケーションという花言葉に似ている花は、おしゃべりや楽しい会話ができる花言葉を持つ花です。

「ウィット」という花言葉に似ている花

ウイットは知的で気の利いた一言や場を和ませる面白い発言ができる能力のことをいい、ユーモアや機智といった花言葉を持つ花に似ています。

シーマニアの花言葉と真逆の意味の花

ハナシノブは「落ちぶれ」という花言葉があり、スイレンは「滅亡」というネガティブな花言葉を持っています。

また、オトギリソウには「敵意」や「秘密」という花言葉があり、シクラメンやシャクヤクは「はにかみ」という花言葉を持っています。

【英語版】シーマニアの花言葉

英語版シーマニアの花言葉は、「prosperity」(繁栄)です。

原産地がボリビアであることから、英語で「Bolivian sunset(ボリビアンサンセット)」と呼ばれ、花の色から夕日の燃えるオレンジ色を思い起こさせます。

「prosperity」(繁栄)という花言葉は、長い期間たくさん花を咲かせることに関係しています。

花束の通販

シーマニアは誕生花の花なの?

シーマニアは10月30日」と「12月17日誕生花です。

シーマニアの名前の由来

シーマニアという名前は海を思い起こさせますが、海のシーではなくシーマンという人の名前に由来しています。

シーマニアの名前は、ドイツの植物収集家Berthold Carl Seemann (バートホルト・カール・シーマン)氏の名にちなんで付けられました。

英名の由来

英名の学名は「Gloxinia sylvatica(グロキシニア・シルヴァティカ)」です。

グロキシニア属の学名「Gloxinia(グロキシニア)」は、ドイツの植物学者「ベンジャミン.P.グロキシン」の名前にちなんでいます。

和名の由来

シーマニアの旧学名は「Seemannia・latifolia(シーマニア ラティフォリア)」 で、この学名で輸入されたことがシーマニアの和名の由来です。

近年、シーマニアの代表種である「Gloxinia sylvatica(グロキシニア・シルヴァティカ)」がイワタバコ科グロキシニア属に分類変更されましたが、花名はそのまま残り現在もシーマニアの名で親しまれています。

正式な学名

シーマニアの正式な学名は「Gloxinia sylvatica(グロキシニア・シルヴァティカ)」です。

また、「Gloxinia nematanthodes(グロキシニア・ネマタントデス)」という品種もシーマニアで流通しています。

シーマニアってどんな花?

原産地ペルー・ボリビア
科・属イワタバコ科グロキシニア属
タイプ非耐寒性多年草
花のサイズ約2.5cm
香りほとんどなし
草丈30~60cm程度
開花時期10月~3月
旬の季節秋~春
花持ち日数3か月
出回り時期秋から冬

シーマニアはペルーやボリビアの熱帯雨林に自生する多年草で、冬場でも旺盛に茂り開花時期が長い点が特徴です。

赤やオレンジ、黄色といった色鮮やかさが魅力の植物で、細長い茎の上に金魚が口を開けているような筒状の花をたくさん咲かせます。

花の長さは2.5cm程度で内側は黄色く小さな斑点があり、花冠の先端は5つに裂けてやや反り返っています。

暑さと寒さに弱く1年を通して鉢植えで管理し、冬は15℃を保てる室内の日当たりの良い場所に置くとつぼみが次々に咲くため、冬の鉢花として人気です。

シーマニアが茶色く変色したり枯れたりする場合は、ホコリダニが発生している可能性が高いので薬剤で駆除します。

また咲き終わった花にカビが発生することがあるため、花がらはこまめに摘み取りましょう。

シーマニアの風水

生花は気の流れを良くすると言われるので、色の持つメッセージを効果的に取り入れて運気をアップしましょう。

シーマニアの花は発色の良い赤やオレンジ色で、風水で赤は活力や情熱を引き出し、やる気や行動力、積極性を高めると言われています。

赤い花は南や東の方位と相性が良く、東に飾ると自分に自信が持てるようになり仕事運や勉強運アップが期待できるでしょう。

オレンジ色の花は人間関係を良好にする効果や出会い運など、人と関わることに関係する運を担っていると言われています。

また良縁をもたらしてくれる色でもあり、相性の良い方角は南東で出会い運や人間関係運、恋愛運を高めてくれます。

シーマニアの飾り方

寒い冬に長い期間鮮やかな花を楽しめるシーマニアは、冬の鉢花として人気があります。

園芸店では秋から冬にかけて流通しており、一般的にシーマニアとして販売されているものは、グロキシニア・シルヴァティカとグロキシニア・ネマタントデスになります。

他にも花のサイズが大きいシーマニア・アローやシーマニア・ジャックランタンと言った品種もあり、ビビッドなオレンジ色はハロウィンのデコレーションにもぴったりです。

単体で鉢花として楽しむ以外に、黄色のビオラと一緒に寄せ植えにすると見た目もカラフルで楽しませてくれます。

15℃程度の場所で育てると3月頃まで長く花を楽しめるので、冬は日当たりの良い場所でシーマニアの花を楽しみましょう。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES