ジャノメエリカの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

ジャノメエリカの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

ジャノメエリカの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 博愛
  • 愛らしい姫
  • 幸運
  • 寂しさ

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

ジャノメエリカの花言葉は「愛らしい姫」「幸運」「博愛」「寂しさ」

ジャノメエリカの花言葉は「愛らしい姫」「幸運」「博愛」「寂しさ」

ジャノメエリカには、「愛らしい姫」「幸運」「博愛」「寂しさ」という意味の花言葉があります。

ポジティブな花言葉が多いので、誕生日やお祝いごとなど様々なイベントの際に贈る花におすすめです。

花束やアレンジメントに加えると、ピンク色がアクセントになり、全体にボリューム感が出ます。

花束の通販

ジャノメエリカの花言葉は色によって違うの?

ジャノメエリカの花は、咲き始めは淡いピンク色で、徐々に濃いピンク色に変化していきますが、色の変化による花言葉の違いはありません。

ジャノメエリカの怖い花言葉

「寂しさ」という花言葉は、ジャノメエリカが分類されているエリカ属全般に共通しています。

ジャノメエリカの花言葉の由来

「可愛い姫」「幸運」「博愛」という花言葉は、ジャノメエリカの小さな花が、集まって仲良く咲いているような姿に由来します。

「寂しさ」という花言葉は、ジャノメエリカと同属のエリカが、荒野でも花を咲かせることからつけられました。

ジャノメエリカの花言葉に似ている花は?

「可愛い姫」に似ている花言葉

  • 「あどけなさ」フリージア
  • 「愛らしい」ハコベ
  • 「至上の愛らしさ」白いツバキ
  • 「純粋と愛らしさ」赤いバラのつぼみ

「幸運」に似ている花言葉

「博愛」に似ている花言葉

「寂しさ」に似ている花言葉

 ジャノメエリカの花言葉と真逆の意味の花

ブーゲンビリアには「あなたしか見えない」という花言葉が、カリンやアケビには「唯一の恋」という花言葉があります。

ジャノメエリカの「博愛」とは、真逆の意味の花言葉です。

また、カナメモチの「賑やか」という花言葉や、黄色のユリ「陽気」という花言葉は、ジャノメエリカの「寂しさ」とは真逆の意味を持っています。

【英語版】ジャノメエリカの花言葉

ジャノメエリカには英語版の花言葉はありませんが、エリカ全般には「solitude(孤独)」という花言葉があります。

ジャノメエリカとは異なるヨーロッパ原産のエリカが、他の植物があまり育たない荒野でも、ひたむきに花を咲かせている姿に由来します。

花束の通販

ジャノメエリカは誕生花の花なの?

ジャノメエリカは2月5日」「2月15日」「8月5日」「9月17日」「11月25日12月14日誕生花です。

冬から春にかけての季節に咲くことから、この日付になったと考えられます。

ジャノメエリカの名前の由来

ジャノメエリカは「蛇の目エリカ」と書きます。

雄しべの黒い葯(やく)が、蛇の目模様に見えることから名付けられました。

英名の由来

ジャノメエリカの英名は「channeled heath (チャネルド ヒース)」です。

「channeled」には英語で「溝」という意味があり、ジャノメエリカの葉の裏に溝があることや、木の幹に年月が経つと溝が入ることに由来します。

「heath(ヒース)」はエリカ全般の英語名です。

和名の由来

ジャノメエリカの和名は「クロシベエリカ(黒蕊エリカ)」です。

雄しべの先端の葯が、黒く目立つことに由来します。

正式な学名

ジャノメエリカの正式な学名は「Erica canaliculata(エリカ カナリクラータ)」です。

「Erica」はラテン語で箒(ホウキ)を意味する「eric」を語源としていて、昔はエリカの一種で箒を作っていたことに由来するという説があります。

他にも、胆石を砕く効果があるとされていたことから「裂ける」という意味の「ereike」が語源とも言われています。

「canaliculata」はラテン語で「溝」という意味で、英名の由来と同様にジャノメエリカの葉や古い幹に溝があることからつけられました。

ジャノメエリカの別名

ジャノメエリカは、かつて「Erica melanthera(エリカ メランセラ)」と呼ばれていました。

「melanthera」は、ギリシャ語「melas(黒)」と「anthera(葯)」を組み合わせた言葉で、ジャノメエリカの雄しべの葯が黒いことに由来しています。

ジャノメエリカってどんな花?

原産国南アフリカのケープ地方
科・属ツツジ科エリカ属
タイプ常緑性低木
花のサイズ4mm程
香りほとんどしない
草丈50cm~200cm程
開花時期12月~4月
旬の季節冬から春
花持ち日数10日程
出回り時期11月~6月

南アフリカ原産のジャノメエリカは、日本には大正時代末期に観賞用の花として持ち込まれました。

ヨーロッパからアフリカを原産とし、およそ700種~1000種あるとも言われているエリカのなかでも、日本で最もポピュラーな種類です。

1本の木から細かく枝分かれして、枝の先に3輪ずつ小さなツボ形の可憐な花を咲かせます。

冬から春にかけて花を咲かせるジャノメエリカは、切り花としても、園芸用の花としても人気があります。

アフリカ原産のエリカのなかでは比較的耐寒性があり、マイナス5度くらいまでの土地で育てることができます。

ジャノメエリカの風水

ジャノメエリカは、小さなピンク色の花をたくさん咲かせます。

風水でピンク色は、女性を象徴するカラーとされており、特に人間関係や恋愛、優しさや美容に関連する運気に関わっています。

代表的なピンク色と方角の関係は以下の通りです。

  • 北の方角:女性の全体運
  • 西の方角:金運や仕事運
  • 南東の方角:出会い運や恋愛運

目的に合った方角にジャノメエリカを飾って、運気をアップさせてください。

ジャノメエリカの飾り方

ジャノメエリカを部屋の中で楽しむ場合は、鉢植えを飾ったり切り花を花瓶に活けたりすると、ボリューム感がありながら素朴な可愛らしさに癒されます。

また、ドライフラワーになっても色が変わりにくい花ですので、手作りのリースやスワッグもおすすめです。

庭木にする場合は、日当たりや水はけ、風通しの良い場所に植えましょう。

木の高さが1~2メートルくらいに育って、全体がピンク色に見えるほどギッシリと花をつけてくれます。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES