花を贈る

胡蝶蘭をお葬式に贈る際のマナーと相場|葬儀と葬式の違いも詳しく解説

2023年8月31日

胡蝶蘭をお葬式に贈る際のマナーと相場|葬儀と葬式の違いも詳しく解説

葬儀とは近親者が故人のために集まり読経をあげてもらう儀式です。
葬儀の際に香典やお線香と同じように故人の冥福を祈ってお花をお供えします。胡蝶蘭の白く凛としたたたずまいは葬儀の際に故人を思い、故人を送るのに相応しい花です。
この記事では「葬儀に胡蝶蘭を贈る際のマナーは?」「胡蝶蘭を贈る際の相場は?」といった疑問をお持ちのあなたに、葬儀に胡蝶蘭を贈る際のマナーや、葬儀に贈る胡蝶蘭の選び方を解説します。

HanaPrimeでは、葬儀に贈るためにふさわしい胡蝶蘭を数多くそろえています。
国内でも有数の胡蝶蘭農園と独占契約を結び直接仕入れをすることで、高品質な胡蝶蘭を提供しています。

\立て札・メッセージカード無料/

お葬式に贈る胡蝶蘭を探す

感謝と哀悼の想いを胡蝶蘭と共に

目次

葬儀や葬式のお花の種類は?枕花・供花・花輪・献花の違い

葬儀や葬式の際に使われる花にはいくつか種類があり、それぞれ枕花・供花・花輪・献花と呼ばれ、贈るタイミングなどが違うのをご存知でしょうか。
それぞれの違いについて表形式でまとめました。

種類 概要 贈るタイミング 用意する人
枕花
まくらばな
訃報が伝えられてから通夜にかけて故人の枕元に飾られる花 訃報から通夜 親族
親しい友人
供花
・きょうか
・くげ
通夜や告別式の際に祭壇に供える花 通夜・告別式 親族
友人
仕事関係
花輪
はなわ
供花と同じく通夜や告別式の際に使われ、スタンド状のものや、花を輪に組んだものなど大きな飾り 通夜・告別式 親族
友人
仕事関係
献花
けんか
キリスト教式の葬儀などで参列者が祭壇に一輪ずつ供える花 葬儀 喪主など

それぞれ贈るタイミングや用意する人が異なりますので、自分がどれを贈るべきなのか確認しておきましょう。

胡蝶蘭は葬儀や葬式になぜ贈る?お供えにふさわしい5つの理由

胡蝶蘭は葬儀や葬式になぜ贈る?お供えにふさわしい5つの理由故人をしのぶ気持ちを示すお花として胡蝶蘭を選ぶには理由があります。
下記の5つです。

  1.  胡蝶蘭の花言葉がお悔やみに繋がる
  2.  上品で高貴な雰囲気が葬儀や葬式にふさわしい
  3.  お供えにそぐわないとされる棘がない
  4.  手入れが簡単でご遺族の手間が少ない
  5.  花粉が出ず仏壇や喪服を汚さない

それぞれ詳しく解説します。

① 胡蝶蘭の花言葉がお悔やみに繋がる

胡蝶蘭には「純粋」や「尊敬」という花言葉があります。
故人を悼むまっすぐな気持ちや、故人の人格の高さを表すような花言葉はご冥福をお祈りするのに相応しいでしょう。

② 上品で高貴な雰囲気が葬儀や葬式にふさわしい

清楚で真っ白い胡蝶蘭は故人をしのぶ気持ちを表すのにふさわしい花です。
そこにあるだけで高貴で厳かな雰囲気を漂わせます。

お供えにそぐわないとされる棘がない

お供えには殺生や痛みを連想させる棘のないお花を選びます。
何よりご遺族が怪我をすることがないという点も考慮すると胡蝶蘭が相応しいといえるでしょう。

④ 手入れが簡単でご遺族の手間が少ない

ご遺族は喪失感で押しつぶされそうな中、多くの手続きや事務などに追われて忙しくされています。
そのような中で手間のかかるお花を贈ると、かえってご迷惑をかけることになってしまいます。
手間もかからず、長持ちする胡蝶蘭は故人を偲ぶ花としてもご遺族を癒す花としても相応しいでしょう。

⑤ 花粉が出ず仏壇や喪服を汚さない

胡蝶蘭は花粉が落ちにくい構造を持つ花なので会場や喪服を汚すことがほとんどありません
さらに、胡蝶蘭は存在感はありますが香りが少なく会場にあっても不快な気持ちにさせません。

葬儀や葬式に適した胡蝶蘭を探す

胡蝶蘭をお葬式に贈る際の6つのマナー

胡蝶蘭をお葬式に贈る際の6つのマナー葬儀や葬式に胡蝶蘭を贈るなら守るべきマナーを守る事でより故人への哀悼の意を示す事が可能です。

知っておきたいマナーを6つ順に説明します。

① 「供花ご辞退」「ご厚志ご辞退」の場合は贈ってはいけない

一番大切にしなければならないのは自分の気持ちではなく、故人やご遺族の意向です。
しのぶ気持ちが大きくても供花やご厚志を辞退すると言われている場合は贈ってはいけません
また、ご厚志辞退の場合は供花だけでなく供物や香典なども送らないようにしましょう。

② 胡蝶蘭の「鉢植え」を贈って問題ないか確認する

仏教では特に信仰心が厚い場合、鉢植えの肥料を不浄なものとして考える人もいるため必ず確認が必要です。
ご遺族が鉢植え贈ることを了承した場合のみ贈るようにしましょう。
確認が取れない場合は鉢植えは送らないようにします

③ 四十九日までは白い胡蝶蘭を選ぶ

四十九日までは「白あがり」といってすべて白いお花ででまとめたものを贈るのが一般的です。
胡蝶蘭もそれにならい、白いものを選びましょう
四十九日を過ぎてお供えのお花を送る場合は、ピンクや水色などの優しい色合いのお花を贈ることが増えていきます。

お供えに贈る胡蝶蘭を探す

④ 枕花・供花・後飾りで贈るタイミングと適したサイズ

枕花・供花・後飾りに胡蝶蘭を贈る場合の贈るタイミングと適した胡蝶蘭のサイズを解説します。
それぞれ贈る際の注意点も参考にしてください。

種類 贈るタイミング 適した胡蝶蘭のサイズ 注意点
枕花 訃報~通夜
*通夜に間に合うタイミング
ミディ ・訃報を受け取ってから贈る
・大輪や豪華なものは避ける
供花 遅くても通夜の当日の午前中まで 大輪 ・通夜に参列する場合は通夜に、間に合わない場合は告別式に贈る
後飾り 葬儀の翌日~1週間後まで ミディ ・葬儀直後は受け取りが難しいことがあるため、ご遺族が少し落ち着く翌日以降がおすすめ。

⑤ ラッピングの色やリボンは落ち着いたものにする

葬儀や葬式に胡蝶蘭を贈る場合、ラッピングは紫色など落ち着いた色でリボンは一つにするのが望ましいです。
手配する際に葬儀や葬式で送ることを伝えると対応してもらえるので、相談してみることをおすすめします。

⑥ 葬儀や葬式の立て札の書き方

立て札には一番上に「共」と書き、その下に贈り主の名前を書きます。
会社で贈る場合は会社名、もしくは会社名と個人名を並べて書きます。
故人の名前は書きません。
連名にする場合は「親族一同」や「子供一同」など「〇〇一同」とするのが一般的です。

立て札・メッセージカードの書き方 

葬儀や葬式に贈る胡蝶蘭の相場

関係性によって葬儀や葬式で贈る胡蝶蘭の相場は変わります。
相場以上のものを送ってしまうとかえってご遺族に迷惑をかけてしまうこともあるので参考にしてください。

友人・知人 10,00015,000
家族・親族 15,00030,000
取引先 10,00030,000

お供えに贈る胡蝶蘭を選ぶ

葬儀や葬式に胡蝶蘭を贈る際のよくある質問

胡蝶蘭を葬儀や葬式で贈る際によくある質問は次の通りです。

メッセージカードは必要?書く際の注意点は?

葬儀や葬式に参列できない場合は供花にメッセージカードを添えるといいでしょう。
メッセージを書くときの注意は主に3点あります。

  • 簡潔にまとめる
  • 季節の挨拶は書かず本文から書く
  • 忌み言葉は避ける

忌み言葉とは不吉な意味を連想させる言葉のことです。
葬式・葬儀における例は以下の通りです。

忌み言葉の例

  • 「重ね重ね」「度々」「くれぐれ」などの重ね言葉(不幸が重なることを連想させるため)
  • 「苦しい」「九」「四」「追って」「再び」など不幸が続くような言葉

ご遺族の気持ちに寄り添った言葉を選ぶようにします。

鉢植えの胡蝶蘭を葬儀に贈ってもいい?

鉢植えの肥料が不浄のものと解釈されることもあるため、鉢植えの胡蝶蘭を贈る場合は必ずご遺族に確認をとってから贈るようにします。

ご遺族の同意が取れた場合は贈っても差し支えありませんが、確認が取れない場合は花輪やアレンジメントなど他のものを贈りましょう。

胡蝶蘭の本数はいくつがいい?

葬儀や葬式に供花を贈る場合よく選ばれるのが3本立てです。
ただし地域の風習や宗派によって違うこともあるので、葬儀社などに相談すると良いでしょう。

葬儀に参列できない場合はどうすればいい?

葬儀に参列できない旨を連絡の上、供花などのお供物を送る方法があります。
参列できない場合はメッセージカードを添えるなどするといいでしょう。
また、香典を他の参列者に託したり現金書留で郵送することもできます。

通夜に間に合わない場合はどうすればいい?

供花を手配する場合供花を手配する場合、祭壇に飾るためにはお通夜の前に届いていることが理想ですが、間に合わなかった場合は通夜の翌日の葬儀、葬式に間に合うように送りましょう

また葬儀、葬式の後になってしまった場合は、自宅に送ることになるのでご遺族に確認の上初七日から49日までに届くように手配しましょう。

葬式で飾った胡蝶蘭を持ち帰ってもいい?

ご遺族にすすめられた場合など、供花は持ち帰って自宅に飾っても構いません
ただし、地域の風習などもあるので持ち帰り方は周囲の人などに尋ねると安心です。

喪主も供花を贈った方がいいの?

供花は哀悼の意を表すものなので、基本的に贈る人の制限はありません。
したがって一般的には喪主が供花を贈っても問題ないでしょう。
ただし、地域の風習などで異なる場合もあるので葬儀屋などに確認すると安心です。

家族葬の場合は供花を贈ってもいい?

家族葬の場合参列者の負担を望まないことも多く、ご遺族から供花辞退の案内を受けることも少なくありません。
この場合は供花を送ることはしません。
辞退の案内がない場合も、一度確認した方が安心です。

胡蝶蘭以外で葬儀のお供えにふさわしいお花

胡蝶蘭以外で葬儀のお供えにふさわしいお花胡蝶蘭以外にも葬儀・葬式に相応しい花があります。
ここでは代表的なものを3つ紹介します。

キク

葬儀・葬式というとキクを思い出す人も多いのではないでしょうか。
キクも葬儀・葬式によく使われるお花です。
花びらの散りが早いものは避けたいため、花持ちがよく手間がかからないキクは好まれます。

花言葉も「高貴」「高尚」と上品で、特に葬儀で使われる白いキクには「慕う」というものもあるので、葬儀に贈る花としてふさわしいでしょう。

供花 アレンジメント バスケット #1123 size:100
供花 アレンジメント バスケット #1123 size:100

♦爽やかで上品な白色アレンジメント

供花 バスケット #1123 size:100をお祝いやプレゼント用に無料のメッセージカード付きで最短当日に出荷します。おしゃれでアイディア性のあるアレンジメントで気持ちを晴れやかにお部屋を華やかに彩ります。

詳しく見る

ユリ

ユリ上品で凛とした佇まいが葬儀や葬式の場でもよく飾られます。
花言葉も「純潔」「無垢」と故人に捧げる花として相応しいでしょう。

ただし、ユリの花粉は喪服などについてしまうと取ることが難しいので、花粉の処理をします。
購入の際は花粉の処理がしてあるものを手配しましょう
また香りに関しても強めなので気をつけましょう。

供花 アレンジメント  #1544 size:140
供花 アレンジメント #1544 size:140

♦華やかでエレガントなアレンジメント

供花 アレンジメント #1544 size:140をお祝いやプレゼント用に無料のメッセージカード付きで最短当日に出荷します。おしゃれでアイディア性のあるアレンジメントで気持ちを晴れやかにお部屋を華やかに彩ります。

詳しく見る

カーネーション

白いカーネーションも葬儀や葬式でよく飾られます。
「尊敬」「純潔の愛」という花言葉も故人への弔意を表すものとして相応しいでしょう。
キリスト教の葬儀でよく使われる花で、献花に使用される事が多い花です。

葬儀や葬式の後の法事や法要の準備もしておこう

葬儀や葬式の後に行われる主な法事や法要は次の通りです。
故人をしのぶ気持ちを花と共に贈ってみてはいかがでしょうか

法事・法要 概要
お盆 ご先祖様をお迎えして自宅などで供養する行事。行う時期によって七月盆と8月盆がある。
お彼岸 3月とは9月に行う仏事。仏壇仏具の掃除やお墓参りを行う。3月の方は春のお彼岸、9月の方は秋のお彼岸と呼ばれる。
49 仏教用語の一つで命日から数えて49日目に行う追善法要。
七七日(しちしちにち、なななぬか、しちなのか)とも呼ばれる。
1周忌 故人の命日から1年後の祥月命日に行う法要。
3回忌 故人の命日から2年後の祥月命日に行う法要。
(亡くなられた日を一回忌と数えるため、2年後が三回忌となる)

*祥月命日とは命日のことで故人が亡くなった月日を指します。

胡蝶蘭は法事と法要のお供えに贈っても大丈夫?マナーや値段の相場を解説

お盆・初盆(新盆)のお供えに最適な花8選!お供え方法のマナーや注意点は?

葬儀や葬儀にふさわしい胡蝶蘭とともに故人を弔う気持ち贈りましょう

胡蝶蘭は花言葉や花の佇まいが葬儀や葬式にふさわしい花です。

HanaPrimeでは葬儀や葬式にふさわしい胡蝶蘭を贈る事ができます。
故人やご遺族の意向を確かめた上で、あなたの弔意を胡蝶蘭と共に贈ってみてはいかがでしょうか

葬儀・葬式に胡蝶蘭を贈るならHanaPrime公式

-花を贈る
-, ,

© 2024 HanaPrimeマガジン