オウバイの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

オウバイの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

オウバイの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 期待
  • 控えめな美
  • 恩恵

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

オウバイの花言葉は「控えめな美」「恩恵」「期待」

オウバイの花言葉は「控えめな美」「恩恵」「期待」

オウバイの花言葉は「控えめな美」「恩恵」「期待」で、感謝や敬意、新しい期待を込めた贈り物にぴったりです。

また、繊細かつ控えめな美しさからインテリアとしても楽しめるのでプレゼントとしても喜ばれます。

花言葉プレゼントのタイミング
控えめな美先生やお医者さんなど、長く身近で支えてくれた人へささやかな感謝を伝えたい時
恩恵親や上司など支えてくれた人に、支援への感謝のしるし
期待新しい職場や学校への進学などで新たな挑戦を始める人への応援として
花束の通販

オウバイの花言葉は色によって違うの?

オウバイ(黄梅)の花は黄色しかないため、花言葉が花の色によって異なることはありません。 

オウバイの怖い花言葉

オウバイの花言葉は一般的に「控えめな美」「恩恵」「期待」など、ポジティブで穏やかな意味合いを持つものが主流です。

そのため、「怖い」といったネガティブな意味を持つ花言葉は見られません。

花言葉は文化や地域によって異なることがありますが、オウバイにつけられる花言葉は概ね肯定的なものが多いです。

オウバイの花言葉の由来

「控えめな美」 

オウバイの花は、枝垂れた枝にぽつんと咲く姿から、その控えめで素朴な美しさが感じられ、この様子が「控えめな美」という花言葉の由来とされています。

「期待」

オウバイは早春のまだ寒さが厳しい時期に黄色い花を咲かせ、春の訪れを予感させます。

特に中国では、旧正月の頃に咲くことから「春を告げる花」とされているほどです。

「恩恵」

この花言葉は、中国に伝わる逸話に由来しています。

いくつかの逸話が残されているので、その中の一つを紹介します。

<古代中国の治水伝説に基づく逸話>
一人の男性が街を救うために自らを犠牲にし、洪水に立ち向かいます。
彼の心には常に愛する娘の姿がありましたが、彼女と長い時間離れることを余儀なくされました。
その後彼は、川を鎮め多くの人々を救いましたが、家に戻ると娘が亡くなっていることを知り悲しみに暮れます。
彼の悲しみの涙が彼女を美しいオウバイの花に変え、娘は永遠の美として輝き続けることになりました。

オウバイの花言葉「恩恵」は、この物語が描いている愛と献身の精神、そして自然との調和の美しさを象徴しています。

オウバイの花言葉に似ている花は?

オウバイの花言葉に似ている花言葉を持つ花を紹介します。

控えめな美」に似ている花言葉

「期待」に似ている花言葉

「恩恵」に似ている花言葉

オウバイの花言葉と真逆の意味の花

オウバイの花言葉と真逆の花言葉を持つ花を紹介します。

「控えめな美」と真逆の意味の花言葉

  • 「派手」「目立つ」ヒマワリ
  • 「華やか」バラ
  • 「壮麗」ダリア
  • 「豪華」「贅沢」チューリップ

「期待」と真逆の意味の花言葉

  • 「失望」キンレンカ
  • 「見捨てられた愛」アネモネ
  • 「虚栄」ユリ
  • 「裏切り」ヤグルマソウ

「恩恵」と真逆の意味の花言葉

  • 「薄情」ヤグルマソウ
  • 「不信」ゲッケイジュ
  • 「無関心」イベリス
  • 「憎悪」ユリ(オレンジ)

【英語版】オウバイの花言葉

オウバイの英語での花言葉

  • Foresight(先見の明)

この花言葉は、オウバイが寒い冬の季節に美しく花を咲かせる特徴から来ているようです。

冬の厳しい寒さの中でも生き抜く強さや、春が近づいていることを予感させる希望の象徴として捉えられています。

花束の通販

オウバイは誕生花の花なの?

オウバイは、1月15日1月20日1月22日2月20日3月6日誕生花です。

寒い冬の中で咲くオウバイは、春の訪れを告げるメッセンジャーとされ、この時期の誕生花として選ばれています。

オウバイの名前の由来

オウバイ(黄梅)の名前の由来は、その花の特徴に由来しています。

オウバイは、梅の花に似た黄色い花が特徴です。

このため、「梅の花」を意味する「梅」と、黄色を意味する「黄」を組み合わせ、「黄梅(オウバイ)」と名付けられました。

また、中国では旧正月(2月)に咲くことから「迎春花(ゲイシュンカ)」と呼ばれています。

英名の由来

オウバイの英名は「Winter Jasmine(ウィンター・ジャスミン)」です。

オウバイはジャスミンの仲間であり、英語圏では2月〜3月頃に咲くので、冬に咲くジャスミンという意味で「ウィンター・ジャスミン」と名付けられました。

寒い冬の日に温かさと慰めをもたらす美しい花で、冬を彩るオウバイは、その名の通り季節を象徴する存在です。

和名の由来

オウバイの和名は「黄梅」です。

黄色い花の形が梅の花に似ていることから来ています。

ちなみに、花の開花時期も梅に近いですがオウバイは梅の仲間ではなく、ジャスミンの仲間です。

正式な学名

オウバイの正式な学名は 「Jasminum nudiflorum」(ジャスミナム・ヌディフロルム)です。
「nudiflorum」は「裸の花」という意味で、「Jasminum」はジャスミンを指します。

「裸の花」という表現は「葉がつく前に花が咲く」のを意味しており、オウバイが、桜のように葉が出る前に花を咲かせることに由来しています。

つまり、学名全体で「裸の花のジャスミン」という意味です。

オウバイってどんな花?

原産国中国
科・属モクセイ科ソケイ属
タイプツル性落葉低木
花のサイズ2~3㎝程度
香りほとんど無い
草丈1~2m
開花時期2月~4月
旬の季節2月~4月
花持ち日数2週間程度
出回り時期2月~4月

オウバイは、江戸時代の寛永年間(1624〜1644年)に日本に渡来し、1695年に出版された『花壇地錦抄』にその育て方が記載されています。

早春から春にかけて鮮やかな黄色の花を咲かせる低木で、ジャスミンの仲間ですが花にはほとんど香りがありません。

また、オウバイには落葉樹と常緑樹のウンナンオウバイの種類があり、それぞれ姿や性質が異なります。

オウバイは美しい一重の花で、葉は鮮やかな緑色、弓なりに広がった枝の長さは約60〜180センチになります。

耐寒性と耐暑性に優れ、風通しの良いやや乾燥した環境を好み、種はつきませんが、挿し木によって容易に増やすことが可能です。

オウバイは冬から春にかけての切り花として人気があります。

オウバイの風水

風水では、オウバイは再生と活力のシンボルと見なされ、水のエレメントに関連しています。

これは空間の浄化と精神の平穏を促すとされていて、特に北側に置くと良いとされています。

オウバイの鮮やかな黄色の花は、北方向の水のエネルギーを効果的に刺激する可能性があります。

この植物は調和、繁栄、ポジティブな変化を象徴し、そのエネルギーは心の平穏やコミュニケーションの改善に寄与すると考えられています。

オウバイの飾り方

オウバイのおしゃれな飾り方について紹介します。

シンプルな花瓶オウバイの明るい黄色が映えるように、シンプルなデザインの花瓶を選びましょう。
ナチュラルな素材木製や竹製の花瓶や籠を使用すると、自然な雰囲気が演出できます。
モダンなインテリアモノトーンやミニマリストの部屋にも良く合い、スタイリッシュな空間を作り出します。
他の植物と組み合わせ青や緑の葉物植物と組み合わせると、オウバイの黄色が一層引き立ちます。

オウバイの鮮やかな黄色は、さまざまなインテリアスタイルに合わせやすく、部屋を明るく華やかに彩ることができます。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES